外れて観るのが大切です。

壁

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『理想論と言ってしまえばそれまでです。』
というお話でした。
今回は、『外れて観るのが大切です。』
というお話です。

目の前に【壁】があると、
全体の大きさを観る事が出来ません。

高さも幅も長さも何もわかりません。

近づいて観えるのは、
素材が何なのか?とか、
接合法は?とかです。

それも【壁】を攻略するためには必要です。

ただし、、、

攻略を少しでも早めたいのであれば、
【全体図】を観てみる事が、
最も早くて効率的です。

目の前に在るから、
立ちはだかる様な【プレッシャー】や、
覆いかぶさってくる様な【威圧感】を感じ、
それらに対して【抵抗】が生まれます。

【抵抗】はさらに【抵抗】を生むので、
意識して切り替えない限り、
増幅していきます。

そんな状況に陥らない為にも、

『外れて観るのが大切です。』

全体図を観る為には、
それを観ながら下がるので、
イメージでは【後退】になります。

また、ヒトによっては、
【逃亡】と捉えるヒトも居ます。

そんなヒトは、【抵抗】に対して、
【攻撃的】になったり、
【拒絶】になったりします。

思考的には、
【削除】または【排除】になります。

判断材料も選択肢も減ります。

本来であれば、観えていたモノが
観えなくなっていたら、
何かに囚われてしまっているのかも
しれません。。。

『外れて観るのが大切です。』

あなたは、モノコトヒトに対して、
または自分自身に対して、
どれだけの【距離感】を持っていますか?

どれだけのスペースなのか、、、

何を使えるのか、、、

それらを考え準備する為にも、
外れて観る事を、習慣化しましょう。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “外れて観るのが大切です。”

  1. 通り雨 より:

    近すぎたり、
    外れすぎて 観えなくなったり、
    距離感がうまくとれません。

    ファインダーが
    自分製ではなくヒト様製だからでしょう。

    • うえる より:

      通り雨さん、こんばんは。
      そうなのですか?
      ファインダーはヒト様のは
      つけ様がないですよ。
      外部のを身に着けるとした時点で、
      自分製になるので。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ