理想論と言ってしまえばそれまでです。

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自らが真に動くという事』というお話でした。
今回は、『理想論と言ってしまえばそれまでです。』という
お話です。

私は生業として、メンタルのコトや、
【自分自身】という事に意識を向けて頂くコトなど、
自己啓発的なセミナーやブログも書いています。

色々な方々と1対1のセッションもさせて頂いています。

その中でお話する内容には、
それはそれは【理想的】なお話や提案もします。

そんな時、決まって出てくるのは、、、

「そんなうまく行けば」とか、
「そんなのは理想です」とか、
「そんなにうまくはいかない」とか、、、

どだい無理な話としてしか、
聞いてもらえない場合が多い様に感じます。

【キレイゴト】【調子のいい】【理想論】。。。

そんなカテゴリーとして片付けられたりします。

確かにそう。。。

自分自身でもなかなか継続的に出来ていない事や
ついつい忘れがちになっている様な提案や
話しも時にはしています。

「あなたは出来ているのかっ!」、、、

そんなニュアンスの言葉や態度もいただきます。^^

それでもなお提案し続けるのには、
訳があります。。。

『理想論と言ってしまえばそれまでです。』

【理想】だと区切ってしまったなら、
それはもう自身では届かない無理な事として、
処理されてしまいます。

出来ない事は提案しません。

意識して向き合えば、
出来る事だけを提案しています。

もちろん、自分自身も現在進行形で
取り組んでいたり、実践的に活用していたり、、、

【理想論】、、、

誰も言わなくなってしまったなら、
もう誰も【理想】を追わなくなります。。。

【理想】という言葉すら出て来なくなります。

【ふつう】【一般的】【当たり前】【無難】。。。

そんなモノコトヒトばかりが増え、
そんなモノコトヒトをチョイスします。。。

すべてを【楽(ラク)】と【楽しさ】でばかり選び、
今が良ければそれでいいという選択をします。

【理想論と言ってしまえばそれまでです。】

意識して観てくださいね。

あなたは【無難】に生きてはいませんか?

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “理想論と言ってしまえばそれまでです。”

  1. 通り雨 より:

    いまは もがいていて
    先が見えてないけれど

    その先の理想を持とうかと思います。

    その方が がんばれる。

    その先 自分が
    どう在りたいか 改めて問う。

    • うえる より:

      通り雨さん、こんばんは。
      そうなのですね。
      大きな理想もいいですが、
      小さな理想を立てて、
      達成していくのもいいですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ