独り芝居で居るヒトビト

inu

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『正当化は麻痺を生む』というお話でした。
今回は、『独り芝居で居るヒトビト』というお話です。

色々なヒトビトを観ていると、
それぞれがそれぞれの生活の中で、
それぞれの立場や役割、、、
立ち位置や関係性、、、
環境や状況などなど、、、

様々な要因の中で、
そのヒトなりのそのヒトとしての、
どうであれ【状態】で生きています。。。

それら【生き方】がどうのこうのというのではなく、
その【生き方】をチョイスしている当の本人が、
その【生き方】をどこを基準にしているのか、、、
何を元に構成しているのか、、、
その【根本的な部分】が重要だと思います。

外部によってなのか、、、
内部によってなのか、、、

「~~~のせい」と思うのであれば、
外部的な要因が大きいと思います。

「こんな自分」というのも、
実は外部的要因です。

一見すると、内部的要因に感じますが、
実は何かしらとの【比較】や、
何かへの【評価】などをしているからです。

【対象】が在る時点で、外部的要因です。

さてさて、、、

お芝居というのがあります。。。

大衆劇から歌舞伎やミュージカル、
沢山のヒトでつくる芝居から、
たったひとりでする独り芝居まで。。。

イロイロなカタチが在ります。

人生をお芝居として例えたなら、
あなたはどんなお芝居をしていると思いますか?

たくさんのヒトと共に共演するお芝居、、、

全てが自分次第の独り芝居、、、

前衛的なお芝居や古典的なお芝居まで、、、

多種多様なお芝居があるかもしれません。。。

『独り芝居で居るヒトビト』

今回のタイトルです。。。

なぜ、このタイトルなのかというと、、、

全てのヒトビトは、
誰もが【独り芝居】をしているからです。

誰もが自分が意図的であれ無意識であれ、
描き演出した舞台に立っています。

自分の周りに配する、
大道具や小道具、照明や演出、
配する風景やヒトまでをも、
自らがどうであれ奏でています。

あらゆるモノコトヒトを【材料】にして、
自らが自らの【世界】の中に溺れている。。。

中には、【陶酔】しきっているヒトや
【迷走】や【瞑想】を愉しんでいるヒトまで、、、

それこそ、お芝居や映画にも、
色々なカテゴライズが在る様に、
【人生劇場】にも色々ラインナップされています。

『独り芝居に居るヒトビト』

あなたは今宵、何を【材料】にして、
あなたの人生劇場に【イロ】を添えていますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

5 Responses to “独り芝居で居るヒトビト”

  1. 通り雨 より:

    ミュージカルかなあ

    突如として 唄って踊りたくなります。

    • 通り雨 より:

      ああ でも 「独り芝居」 ではなく
      わたしの場合は 「独り相撲」ですね。

      しかも横綱です。

      どすこい どすこい
      どこまで 独り相撲で生きてゆくのか…

      • 通り雨 より:

        タイトル 「横綱は怒りと復讐がお好き」

        主演 通り雨
        監督 演出 通り雨
        音楽 ジョン ウィリアムズ

        Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

  2. 通り雨 より:

    ストーリー

    自分自身やヒトに対して
    怒りと復讐心に気づいた主人公が
    「自虐」を止めるために奮闘する
    サクセスストーリー

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      面白そうなお芝居ですね(笑)

      一度、脚本家になって、
      この後のストーリーを創ってみるのも
      いいかもしれませんね。^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ