本当の自分で居られるという事

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『見られたい!という意識』という
お話でした。
今回は、『本当の自分で居られるという事』という
お話です。

社会という中で生きて行くには、
もちろん、自分の意思にそぐわない
モノやコト、様々なヒトもあります。。。

それでも、その中で生きて行くには、
自身を偽る事や抑え込み誤魔化す事や、
自分の想いや思いを曲げてでも、
対応しないといけない場合もあります。。。

そんな時に、自分自身の中では、
一体、どんな状況や状態になっているのでしょう、、、

偽っている自分、塗り替えられた自分、
抑え込まれている自分、我慢している自分などなど、
色々な状況や状態になっている自分たちが
そこに存在しています。

それら全てが、
本来であれば、【自分自身】なのに、
その中の一部だけを抜粋し、
残りは、まるで初めから無かったように、
消去されてしまったりします。。。

そんな消去される側になってしまった自分達は、
いったい、どんな気持ちだったり、
想いや思いを抱くのでしょうか。。。

大人しく黙って、言われるがままに
なすがままにされているのでしょうか、、、

きっとどこかにわだかまりや憤り、
怒りや哀しみ、さみしさを持っていると思います。

それらが積もりに積もった時に
自身の中から解放されたい
開放したいというエネルギーとなって、
【爆発】します。。。

『本当の自分で居られるという事』

それは、どんな自分であれ、
それら全部が、どうであれ【自分自身】なのだと
無条件で認めるコトです。

白黒つけるとか、、、

何がどうだからとか、、、

何々をしたからとか、、、

何々だったらとか、、、

【条件】も【比較】も要りません。

いつでもどこでも、
自分が自分に対して、
どれもが自分だと思えている事。

それが

『本当の自分で居られるという事』

です。

あなたは、本当の自分で居られますか?

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “本当の自分で居られるという事”

  1. 通り雨 より:

    最近、ヒトに対して 言い訳や
    自身の正当化しようとするのを グッとこらえて止めています。

    素直に「ごめんなさい」や「ありがとう」は言うけれど

    言い訳や正当化を止めたとき
    本当の自分でいられるのではないかと想います。

    ひとりになってもいいから

    • うえる より:

      通り雨さん、こんばんは。
      そうなのですね。
      では、自分に対してはどうですか?

      ひとりになってもいいから

      このフレーズの奥には何は居るのでしょうね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ