見られたい!という意識

自分らしく生きる

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『物質は媒介でしかない』というお話でした。
今回は、『見られたい!という意識』というお話です。

ヒトには、多かれ少なかれ、
自分を見て欲しい!という【欲求】を持っています。

幼少期に、その状態を分かり易く、
表現してくれている子供も居ます。

誰かとの話に夢中になっていると、
「ねえ!ねえ!」と、自分をアピールしてきたり、
「わぁ~!」と、割って入って邪魔をしたり。。。

あらゆる手を使ってでも、
どんな方法であっても、
自分自身に意識を向けさせようとします。。。

特に、初めての子供だったり、、、
初孫だったり、、、
明らかに誰かから、
何らかの【ベクトル】を向けてもらっている事が
ある意味、当たり前になってしまっているヒトは、
特に【見られたい!】という感覚のセンサーが
過敏に出来ている様に感じます。

また、、、

それとは【極】の状態に在ったヒトも、
あまりにも見てもらえなかった記憶と経験から、
自身でも気づかない潜在的な部分で、
【見られたい!】という思いや想いが
強く在ります。

そこには、【さみしさ】や【かなしみ】、
【辛さ】や【痛さ】、【我慢】や【抑圧】などが、
一緒に埋まっています。。。

どちらにしても、、、

『見られたい!という意識』

が、強まった時、
正攻法で無理だと判断すると、
どんな手段でも構わないという状態に
なります。。。

子供であれば、
割って入り邪魔をするとか、、、
何かを壊したり、何かを傷つけたり、、、
大きな声を出し続けたり、、、
挙動不審な動きや言動をするなど、
強制的や突発的にでも、
自身に意識を向けさせようとします。。。

オトナでも、、、

【奇異】なカッコウや行動、言動をしたり、、、
【奇抜】で【大胆】な姿やアクションを起こしたり、
【特殊】であったり、【不思議】であったり、
【威圧的】だったり、【あまのじゃく】だったり、、、

【素直】になれなくなってしまい、
憎まれたり、疎まれたり、ウザがられてでも、
自分を見せようとします。。。

【弱者】や【被害者】になるのも、
ひとつの方法です。。。

【評論家】や【批評家】になる場合もあります。。。

『見られたい!という意識』

誰もが持っているこの意識、、、

あなたは、自分のそれに気付けてますか?

よろしくお願いします!

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

3 Responses to “見られたい!という意識”

  1. 通り雨 より:

    そういえば
    特定のヒト達に見てもらいたいという
    気持ちはあるなあ…

    いま、
    記事を読んで想いました。

    それは誰なのか
    ピックアップしてそのヒト達に対して
    対応を意識しなくっちゃ…

    キモチがハラハラと揺さぶられるヒト達には
    見られたい(もしくは 認められたい)
    と想っているなあ

    きっと…
    ゜゜(´O`)°゜

    • 通り雨 より:

      「見られたい」 とか「 認められたい」 と想う分にはOKだけど

      表現法(アピール法)を素直にシンプルにできたらいいな…って想います。

      • うえる より:

        通り雨さん、こんにちは。
        そうですね。
        シンプルは大切ですね。
        何かしらの自分の中に在る思いや想いを
        意識して参りましょう!
        シンプルに!^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ