物質は媒介でしかない

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『相反する矛盾する自分』というお話でした。
今回は、『物質は媒介でしかない』というお話です。

「幸せを呼ぶホニャララ」

「何からも護ってくれるホニャララ」

「ホニャララからのメッセージ」

「ホニャララが憑いている」

「ホニャララがあれば大丈夫」。。。

色々な【売り言葉】が在ります。

もちろん!

買う側の意図を読み、
買う側の意識をそそるのが、
【売り言葉】です。。。

マーケティングの世界では、
とても当たり前のスキルとノウハウです。

それ自体が悪いのではなく、
それらに対する買う側の意識や、
それらを活用する売る側の意識に、
多々問題在りきのヒトビトが、
存在しているのも事実です、、、

「これが無いと不幸になる」とか、、、

「あれが無いと怖い」とか、、、

壊れたから何かが起こるとか、、、

キレたから大丈夫とか、、、

持っているから安心とか、、、

身に着けているから大丈夫とか、、、

そのモノ自体に
【依存】しているヒトビトも多々観ます。。。

あなたは、何に【支配】されているのでしょう?

あなたは、何に【制御】されているのでしょう?

あなたは、何に【囚われ】ているのでしょう?

『物質は媒介でしかない』

何かしらのそれがしな【モノ】であっても、
何かしらのそれがしな【パワー】であっても、
何かしらのそれがしな【術(すべ)】であっても、

そのものがどうであるのではなく、
それらを活用する側が最も重要だという事を
意識し自覚する必要があります。

【繋がる】【繋げる】【繋ぐ】。。。

それらの為に使用するのが、
目に見える【物質】だったり、
説明できる見えている【儀式】や【作法】であり、
明らかな【表現】です。

あくまでも【媒介】であり、
そのもの自体がどうというモノでもありません。

『物質は媒介でしかない』

自らが自らで在るという事を、
放棄していたのでは、
何を以てしても活性化もしないし、
本当の推進力にもなりません。

【依存する世界】から抜け出しましょう。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “物質は媒介でしかない”

  1. 通り雨 より:

    うえるさんの記事に大抵 ナニかしらを
    共感したり、考えたりする
    わたしですが、
    これに関しては
    自分にはない、わからない感覚です。

    でも ナニかのきっかけで
    記事のような想いに陥るかもしれないと 想っておきます。

    ヒトの心は危ういから…
    (^^)d

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      なるほど、そうなのですね。
      自身の中には無い
      分からない感覚なのですね。
      と、感じられた時点で、
      新たな入力が出来ましたね。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ