自らを知る為に進む

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『変えるのではなく重ねて行く』という
お話でした。
今回は、『自らを知る為に進む』というお話です。

昨今、【自分探し】をしているヒトが、
多い様に感じます。。。

以前からもたくさん居られたとは思いますが、
ここ最近、特に増えている様に感じます。。。

書店にしても、【心系】や【精神系】、、、
【脳科学】や【量子力学】、、、
【スピ系】や【神系】、、、
【宗教本】まで、
かなり目立つ場所に配置される様に
なっています。

各地で行われているセミナー等も、
それらの内容のモノが多い様に感じます。

つまりは、、、

それだけの【ニーズ】があるし、
各々が必要と感じているのだという事です。

確かに、、、

【精神性】の症状を抱えているヒトも、
原因不明で働くことが出来ない状態のヒトも、
何らかの理由で引きこもっているヒトも、
一気に増えた様に感じます。。。

そこまでいっていなくても、
日々の生活の中で、
かなり大きなストレスや不平不満を
持っているヒトは、
かなりの数で居られるのではないでしょうか。。。

我慢し耐えて、誤魔化し平気を装い、
何食わぬ顔でいわゆる【ふつう】を通している。。。

誰にも言わず、誰にも悟られない様に、
必死で抑え込む、、、

自分だけで何とかしようと、
誰にも頼る事無く、
あらゆる書籍からセミナーまでを渡り歩く。。。

そんなヒトは、1人や2人では無いと思います。

『自らを知る為に進む』

そんな思いや想いは、
とても大切だし必要だとも思います。

がしかし、、、

ただただ闇雲に動いていたのでは、
進んでいるというよりは、
ただ【迷走】しているだけになります。

【進む】為にするべき最初の事は、
自らが自らを感じ聴き観て考え、
想い思う事です。

自身の欲し求め望む【答え】が、
外に有るのではありません。

自身が欲し求め望む【答え】は、
自分の中にしか在りません。

まずは、その【答え】を
どうして欲し求め望むのかを、
自らの内側を観察し
調査する事から始めましょう。

その為に必要な道具になる、
参考になるであろう外部を、
利用しましょう。

それが本当の意味での、

『自らを知る為に進む』

になります。

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ