納得したいとか出来ないとか

自分として生きる

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『ただ目の前の事に集中する』という
お話でした。
今回は、『納得したいとか出来ないとか』という
お話です。

facebookには、『いいね!』ボタンがあります。

誰かがアップした投稿に対して、
自身が何かしらのナニカを感じた時に
活用するボタンです。

最近は、『いいね!』だけではなく、
様々な表現の為のボタンも追加されました。

コメントにしなくても、
ある程度の意思疎通が可能になりました。。。

facebookにはありませんが、
ユーチューブなどには、
ブーイングマークもあります。

外国の映画などで観る、
グッドのマークが逆さになっているモノです。

それを観て、
よくなかったと思った時などに、
押すボタンです。

視聴者は、そのボタンを参考にして、
視聴するかどうかを判断している場合もあります。

ただし、、、

それら『いいね!』にしろ、
『ブーイング』にしても、
それを判断しているのは、
単なる一個人であって、
一概に信用できるモノでも無かったりします。

ネット通販などでも観られる『お客様の声』にしても、
一個人の感想であり、
それが自身に適応するかどうかは、
本来であれば、
自らで体験したり体感してみるしか、
方法はありません。

あくまでも、それらは【参考】であり、
【目安】であり、
【総合的評価】でしかないという事を
自分自身が分かっている事が大切です。

『納得したいとか出来ないとか』

それを判断し選択し決めているのは、
誰でも無い【自分自身】だという事を
自覚しましょう。

外的なモノコトヒトにそれらを欲し求めても、
それらは単に【刺激】や【キッカケ】でしか
ありません。

納得したいのも、出来ないのも、
【自分自身】です。

つまりは、、、

それらを欲し求める以前に、
自分自身の中には、
もう【納得】出来る
何かしらがすでに在るという事です。

それを自身で気づき、
自身だけで決めるのに抵抗がある時に、
外的な何かを欲し求めます。。。

『納得したいとか出来ないとか』

それらは結局は
【自分次第】なのだと気付きましょう。

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました