今にも生きられない

時間

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分の定義から外れて観る』という
お話でした。
今回は、『今にも生きられない』というお話です。

あなたは、今、
どこにどう生きていますか?

今、あななたは何をしていますか?

過去でも未来でも無く、
今にしか生きるコトが出来ない。。。

そう言われた事や、
そんなフレーズを観た事があるかもしれません。

たしかにそう。。。

過去は過ぎてしまったトコロだし、、、

未来はまだ来ていないトコロです、、、

それらはとても【当たり前】な事だと思います。

だから、過去でも未来でも無く、
【今】にしか生きられないのだと、
説明が付きます。

たしかにそう。。。

がしかし、、、

本当は、

『今にも生きられない』 のです。。。

では、【過去】なのか?、、、
それとも、【未来】なのか?、、、

【今】ではないなら、
自分達はどこに生きているのでしょうか?、、、

私達が生活しているトコロには、
【時間】が在ります。

【時間】は止まる事無く、
動き続けて居ます。

ということは、、、
その中で生きている私達も、
同じ様に動き続けて居るという事です。

時が止まるという事は、
あらゆるモノコトヒトも
止まってしまうという事です。

その時点で、
この世は消滅します。

では、、、
どこに生きているのか?。。。

自分が【生きている】と
感じた瞬間だけです。

感じる事が出来ていない間は、
【曖昧】でしか在りません。

ただ日々が流れているのなら、
あなたはあなたとして
生きてはいないのかもしれません。

『今にも生きられない』

生まれて死ぬまで、
『現在進行形』でしか在りません。

つまりは、いつ何かを始めてもいいし、
変わってもいいのです。

『今更』はありません。

悔やんでもいいし、
先行きを不安になっても構いません。

何をしてても【進行】していきます。

何も出来ないのであれば、
停まってみるといいです。

停まれるけども、
止まる事も留まる事も出来ない事に
気付けます。

『今にも生きられない』

意識して瞬間を感じて観ましょう!

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “今にも生きられない”

  1. 通り雨 より:

    ただ 日々が流れていくだけの
    毎日なんてもったいない!

    自分の想いを自分で感じてあげられることが
    「自分を生きてる」「 現在進行形で生きてる」の 最初の一歩
    だと思います。

    少なくとも 私はそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ