あなたの主張、私の主張。

自分として生きる

一方通行

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『在るしかない!』というお話でした。
今回は、『あなたの主張、私の主張。』という
お話です。

ヒトはそれぞれに、
それぞれの【主張】が在ります。

その【主張】をそのままに
発信出来るヒトも居れば、
その【主張】を抑え込み、
他に合わせたり、他の状態を見てから、
調整するヒトも居ます。

自分の【主張】したい事を、
【主張】しない!という決め事に
してしまっているヒトも居ます。

つまりは、、、

それもまた【主張】だという事です。

ヒトは、それぞれに
それぞれの【主張】を持っています。

生まれた時から持っている
【本質】が反応しているモノから、
育ってきた環境等からの
いわゆる【常識】や【ふつう】という
モノまで、
それらに基づき、
導き出されている【主張】を
持っています。

考え方も感じ方も、
受け取り方も解釈も、
反応や刺激にしても、
どれもが全員違っています。。。

そんな違っている者同士で
関係性は構成されています。

身内や親族など、
同じ系列の遺伝子を持っていても、
一卵性双生児であっても、
【主張】するモノコトは違っています。

『あなたの主張、私の主張。』

が、もれなくどこでも付いて来ます。

お互いの【一方通行】な【主張】、、、

それをどうこうしようとしていても、
どちらかに強制や我慢や誤魔化しを
強いてしまいます。。。

では、どうすればいいのか、、、

『あなたの主張、私の主張。』

それらをベースにして、
【私たちの主張】をお互いに
協力して創る事が必要です。

どちらの【主張】でもない、
両方の為の【主張】です。

それを創るには、
お互いの【主張】を、
まずは偏見なく、
自身の思い込みや決めつけなく、
自分の尺度で見聞きするのでもなく、
【フラット】な状態で、
観聴きする事が大切です。

【私たちの主張】

意識して創ってみましょう!

よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました