自分を解放するから開放できる

Lock

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『誰がそうだと決めている?』という
お話でした。
今回は、『自分を解放するから開放できる』という
お話です。

ヒトは、何かしらを我慢していたり、
抑え込んでいたり、
耐えていたり、押し殺していたりします。。。

何か別のモノに塗り替えたり、
書き換えたり、、、

違うモノコトヒトで紛らわしたり、、、

本来向けるべきトコロではないトコロに
矛先を向けたり、、、

他のモノコトヒトにあたってみたり、、、
攻めてみたり、、、

とにかく最終的には
自分自身を責めたり、、、
罪人(ツミビト)にしたり、、、

そうやって、本当の想いや思いを、
別の何かに挿げ替えてしまいます。。。

その行為には、
きっと、他に迷惑を掛けてはいけないとか、
場を壊してはイケナイとか、
負荷や負担になってはいけないなど、
他との関係性を意識するからだと
思います。

我が儘だとか自分勝手とか、
そんなふうに考えるヒトも居ると思います。

昨今は、SNSやネット、
スマホや携帯の普及で、
簡単にコミュニティが造られます。

他とのかかわり方も、
その分だけ多様化しました。

情報はイヤでも目に入る様になり、
個人の発信が簡単に広がる時代です。

そんな中に暮らしていると、
その世界が『基準』になります。

やがて、、、

その『基準』によって、
個々が個々の『ルール』をつくります。

『ルール』をつくる事で、
【防御】にもなるし【武器】にもなります。

頑丈な鎧と屈強な武器を持てます。

が、、、

捉え方を変えれば、
自分に対しても屈強な壁になり、
自身を責める為の強力な武器にも
なっているという事です。

『自分を解放するから開放できる』

自己開示をするには、
まずは自分自身を、
自分が解放する事から
始める事が大切です。

自身を強烈に拘束していては、
何も感じられないし伝わりません。

まずは自身に対しては、
鎧も武器も脱ぎ捨てる事が
最優先です。

自分の課した【檻】から、
釈放しましょう。

『自分を解放するから開放できる』

意識して脱ぎ捨ててくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

4 Responses to “自分を解放するから開放できる”

  1. 通り雨 より:

    自分を解放するって
    テンション高く イェーッ!(≧∇≦)ってなることではなく

    むしろ、心の中に静けさ、落ち着きや 平安さを
    取り戻せたときが 解放されたとき?
    …のような気がします。

    どんな現実があっても
    気持ちの中だけでも解放されていたいです。

    柳に風がいいなあ

    • 通り雨 より:

      ちなみに自分に課せている
      ルールを改めて検証すると
      世間体標準でした。

      自分を苦しめるばかりで、
      意外と人に対しても
      いい影響が無かったように思えます。

      好き勝手 自分勝手になるつもりはないけれど、
      ひとりになるのを恐れずに
      自分のためのホントのルールを作りたいな。…と思いました。

      この時点で ある意味 解放されているかもしれません。

      • 通り雨 より:

        ふと…
        自分が苦しんでいたのは
        世間体標準ルールだけでなく
        親のルールもかもしれません。

        しかも 世間体標準も親ルールの内容も
        何割かはなにかの刷り込み、
        思い違い、
        勘違いだったのかもしれません。

        • うえる より:

          通り雨さん、こんにちは。
          連動して色々と出て来ましたね^^
          いい流れです。

          世間体標準と親ルール。
          どちらも連動しているモノですね。

          そこに自分が思った考えたルールを
          適用していく。。。

          客観的に観ると、
          様々な矛盾や勘違いなどが観えて来ますね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ