自分が自分を見失わない為には

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『強制的か主動的か?』というお話でした。
今回は、『自分が自分を見失わない為には』
というお話です。

あなたは、【自分自身】の事を
どこまで把握し理解していますか?

全てを把握しているし、
全てを理解していると、
答えられるヒトはどれだけ居るのでしょう。。。

もし仮に、
そこまで【完璧】な状態で在るなら、
きっとヒトで居る必要は無いのだと思います。

全世界に自分だけしか
居ないという状況になったとしても、
ヒトは迷い、悩み、苦しみ、悲しみ、
虚しさや寂しさを感じるのではないでしょうか。

感情や思考は、
何かしらの【刺激】によって起こります。

たった独りという状況になっても、
色々な思いや想いが出てくるのであれば、
【刺激】は外的なモノ・コト・ヒトだけでは
ないという事になります。。。

感情や思考が起こるまでの
【プロセス】を観れば、
どんな処理によって起こっているのかが
観えて来ます。

【プロセス】としては、

【刺激】⇒【判断】⇒【選択】⇒【決定】⇒【アクション】

という流れです。

外的な部分は、【刺激】と【アクション】です。

【刺激】は外的だけでなく、
内的な部分によっても起きる場合があります。

であれば、、、

自身が何にヒットするのか、、、

何を拾うのか、、、

何に向かうのか、、、

などなど、

自身が【刺激】として感じたり、
受けてしまうのは、
何なのかを観察し検証し仮説して、
【プロセス】を時系列に観る習慣を持つと
いいのだと思います。

『自分が自分を見失わない為には』

【自分】の事を【自身】によって、
観察し感じ観る事が必要です。

【自らの身を持って自らを分かろうとする】

体感している様々な思いや想い、
実際の刺激や痛みや苦しみ、
喜び楽しみなどなど、、、

経験値を上げる事が大切です。

時にブレて、時に迷い、時に怒る。。。

時に喜び、時に期待し、時に裏切られ、
時に驚き、時に涙する、、、

自身の中に常に響いている波紋を
読み観て感じましょう。

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします。

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ