自分が欲し求めているモノを自覚する

雪の木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自らが制限を外すには』というお話でした。
今回は、『自分が欲し求めているモノを自覚する』
というお話です。

一気にものすごい量の雪が降り積もりました。

一晩であっという間に雪景色です。

子供たちは大喜びだったりしますが、
大人は雪かきや通勤や車の運転のコトなどを
考えると憂鬱になっているかもしれません。

朝起きて、玄関を開けると、
駐車場も車も雪に覆われていたのでは
ないでしょうか・・・

出勤前に学校への送迎の前に、
まずは除雪からとなったヒトも多いと思います。

とうぜん、体力も時間も使います。

中には、イライラして、
焦りながら文句を言いつつ、
作業していたヒトも居るかもしれません。

「なんでこんなに降るんだ!(怒り)」

「この雪のせいで!(イライラ)」

「あ~~~冷たいっ!!(ムカムカ)」

自身の中で出てくる『ストレス』を
雪や冷たさのせいにしています。

除雪の大変さと
冷たいと感じている足や手や顔の感覚、、、

本来、感じてあげるべきは、
それらを感じている『自分自身』です。

「除雪は大変だよね~」

「雪は冷たいよね~」

「雪は重いよね~」

「それでもガンバっているよね」

「冷たいのに耐えてくれているよね」

「あったかいモノが欲しいね」

「早く温まりたいね」

などなど、、、

自身の内なる部分に在る
『感覚』や『感情』、『思考』等を、
自らが感じ観て、聴いてあげるコトと、
自身を労い寄り添う事が必要です。

それらをせずに、
すべてが外部のせいだと思っていると、
その『思考』や『感覚』、『感情』が
増幅されてより『ストレス』が増すだけです。

『自分が欲し求めているモノを自覚する』

真っ先にしないといけないのが、
『自覚』する事です。

自身が明確に把握していれば、
自分自身で補えるコトはたくさんあります。

どうしても自身では
与える事が出来ない場合は、
それに必要な『他』も明確だし、
どう必要かも伝える事が出来ます。

『自分が欲し求めているモノを自覚する』

意識して観てください。

自覚していない状態では、
中華料理屋に入っているのに、
フレンチが出てこない!と、
キレている様なモノです。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ