自分の世界を変えるには

羅針盤古代地図

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『豊かさを受け取る』というお話でした。
今回は、『自分の世界を変えるには』というお話です。

ヒトは、それぞれがそれぞれ持っている
『世界観』の中で生きています。

ものすごく大きくて広い『世界観』のヒトも居れば、
日常や目の前のモノ・コト・ヒトだけでいい感じの
『世界観』のヒトも居ます。

どちらがいいという話では無く、
別に自分が納得しているのなら、
どんな『世界観』の中に居ても構いません。

自身から見える範囲を大切にしているヒトも居るし、
周りばかりを見ているヒトも居るし、
比較や評価に明け暮れていたり、、、
情報マニアの如く収集にハマっていたり、、、

それこそ、ヒトの数だけの『世界観』が在ります。

そこに在るのは、
『自分自身』が構築している『世界』です。

その『世界』の中で、
何らかの外部や内部からの『刺激』を受け取り、
『判断』や『選択』、『思考』や『感情』を
出しています。

そんな『世界』に抵抗が無いのであれば、
そのままに生きて行けばいいと思います。

しかし、、、

毎回の、自分の『判断』や『選択』、
『思考』や『感情』に対して、
何らかの抵抗を持っているのなら、
自身の『世界観』を見直す必要があります。

『自分の世界を変えるには』

自分自身の『受け取り方』や『見方』、
『判断』『選択』、『思考法』などを
検証し書き出す事が大切です。

ただし、、、

自分だけでするよりは、
自分以外のヒトに協力をしてもらう方が
効率は良く成ります。

自分ひとりでやっていては、
結局は、自分の『世界観』でしか
モノコトヒトを見ないからです。

『自分の世界を変えるには』

自身の『世界』の枠から出る事です。

意識して出て観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ