自分を素直に出してみる

重なり

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自らの捉え方を変えてみる』というお話でした。
今回は、『自分を素直に出してみる』というお話です。

ヒトは、環境や状況、状態によって、
色々な『顔』を持っています。

自分の『役割』であったり、『役目』であったり、
『立ち位置』や『関係性』などによって、
自分の『状態』を変えています。

それらは、必要に駆られての場合もあれば、
自ら意図的に偽ったり、演じている時もあります。

そこに、『他意』が無い場合もあれば、
他を利用しようとしていたり、
騙そうとしているヒトも居ます。。。

また、、、

関係性において、そういう『状態』で、
居ないといけない場合や、
居た方が都合がいいと判断してたり、
長い年月によって、
そうなっている場合もあります。。。

自身が意図的に意識的に、
そうなっているのであれば、
意図的に意識的に、
外したり、変える事は可能です。

しかし、、、

長年の環境や状況、強い影響力化で、
刻み込まれてしまった『状態』には、
自分自身も気づいていなかったり、
気付いても外したり、変える事が、
困難な場合もあります。

そんな状態に気づくには、

『自分を素直に出してみる』

という事が必要になります。

自分の思いや想い、思考や感情、
感覚や状態。。。

それらを素直に表現して出してみる。

最も効果的なのは、
自分以外の誰かに表現し出せるのが、
一番、自分自身も『自分の素直』に気づけます。

しかし、、、

いきなり、そのアクションをするのは、
ハードルが高いと感じる場合は、
自分が自分の素直なイロイロを、
感じ聴いて、書き出してあげる事が、
必要になります。

いつもは、すぐに打ち消してしまったり、
抑え込んでしまったり、
書き換えてしまう『イロイロ』。。。

それらを全部拾って、
紙面に書き出してあげる。

『喜怒哀楽』も『ダークな部分』も、
『残虐性』も『暴力的』な部分も、
すべてを差し出して、書き出して観る。

そうする事で、
本当の自分自身が観えて来ます。

『自分を素直に出してみる』

意識して、時間を創って、
実際にしてみてくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ