自らを遊べるチカラ

お気楽

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『意識を高く持つという事』というお話でした。
今回は、『自らを遊べるチカラ』というお話です。

子供の頃は、後先の事なんて考えずに、
今、目の前のモノコトに対して、
『無我夢中』になっていました。。。

時間の経つのも忘れて、気にせずに没頭し、
集中していたりもしたと思います。。。

夢中になり過ぎて、画像の様な遊びをしていれば、
服に付いたり、顔に付いたりもします。。。

そんな状態になっていても、
それすら『遊び』に捉えたりします。

お互いに色の付け合いっこをしたり、
『自虐な状態』をネタにしたり、、、

あらゆるモノコト、トコロに、
『遊び』を見出しました。

しかし、、、

子供から大人になるにつれて、
そんな『遊び心』を忘れてしまうヒトや、
我慢したり、抑え込んだり、誤魔化したりする
ヒトが意外に多いのではないでしょうか!。。。

様々な状況や事情などが在るのも、
そんな状態にならざる負えない、
『理由』なのだと思います。

時間的な制約や、期限、
経済的な、予算的なモノかもしれません。。。

色々な『諸事情』が重なっている場合も
在るでしょう!

ただ、、、

そんな時にでも、

『自らを遊べるチカラ』

が在ると、
とても意識が変わります。

焦りが出ても、不安や怖れが出てきても、
その状態事態を愉しんだり、
『遊び心』を持てたりもします。。。

焦りや不安、恐怖に呑み込まれていては、
自分の持っている『チカラ』を存分に
発揮できなくなります。

心配や不安に考えが支配されていては、
エネルギーや時間のムダになります。

そんな時だからこそ、

『自らを遊べるチカラ』

を持って、目の前のモノコトに
取り組んだ方が、
効率的に進みます。

自らを遊べる『ユーモア』と『余裕』を
いつでも持てる自分で在りたいですね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ