どんな暗示の中に居る?

磁石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『感じてから考えて観る』というお話でした。
今回は、『どんな暗示の中に居る?』というお話です。

皆さんは、『プラシーボ効果』というのを
聞いた事がありますか?

お医者さんが、これは『良く効く風邪薬』と言って、
ただのビタミン剤を渡しても、
風邪が治ってしまうという様な効果の事を言います。

本来であれば、風邪を治す様な成分が
入っていないのですから、
風邪に効く訳がありません。。。

それでも回復に向かう場合があるのです。

それはなぜかというと、
自分自身があらゆる状況や状態、
対象になる相手への信用性や信頼、
相手の権威や立場なども影響して、
自分自身が渡された『薬』に対しても、
一切の疑問を抱かなかったからです。

お医者さんが自分を診断して、
『良く効く風邪薬』だと出してくれたのだから、
真面目に飲めば治るんだ!と、
しっかりと自分に『暗示』をかけたのです。

もちろん、自分では『暗示』だとも思っていません。

なにせ、信じて疑っていないのですから!(笑)

こんな話もあります。

催眠療法に通っているヒトの話です。

そこへ何度も通っているヒトは、
始めの催眠導入をしなくても、
自ら催眠状態に入ってくれるようになるそうです。

椅子に座った途端に準備万端!(笑)

そんな状態になるヒトが意外に多いようです。。。

その日は『催眠療法』に行くのだと、
自らがすでに準備万端で来られるのと、
勝手知ったる環境や状況なので、
それも相まって『暗示』が強力に働きます。

これらは極端な例だと思われるかもしれませんが、
ヒトは常に何らかの『暗示』を自身に掛けています。

『セルフイメージ』もそのヒトツです。

自分で自分を「こうだ!」と思いこめば思い込む程に
強力な『暗示』になります。

そうなれば、その『暗示』に必要な様々な材料に
なるモノ・コト・ヒトや出来事が起こります。

『暗示』のチカラによって、
それらを引き寄せるからです。

たとえば、
スピリチュアル大好きなヒトに起きやすい
『暗示』があります。

それは『憑く』という現象です。

全てがそうだとは言いませんが、
けっこう自身の『暗示』だったり、
信頼している相手からの『暗示』に
よる場合が多いようです。

ヒトは自分の考えや思いや想いを
『正当化』したがる生き物なので、
『確証』を欲しがります。

自分が何かに憑りつかれていると思った時、
そういう事を感じれたり視れたりすると
言っている自分が信じていたり、
自分で見つけたヒトに会いに行きます。

連絡時に、何かに憑かれているかもしれないと
自ら告白して行きます。

意識では「違う」と言ってほしいと
思っている自分だったりしますが、
どこかで間違いない!と確信している自分は
「憑いています!」と言われたかったりします。

そんな時、自らで出来る『除霊』や『浄化』が
あります。

まずは深呼吸をして落ち着いて、
自分自身にこう問いかけます。

『どんな暗示の中に居る?』

自らの中から、「はっ!」という自分や、
「なに言うとんねん!」という様な怒りが
出て来る時は、確信を付いているからです。

「ヒトは暗示の中に生きている!」

『どんな暗示の中に居る?』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ