何を以て何とする!?

設定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『何事にもジャッジしているのだと気づく』という
お話でした。
今回は、『何を以て何とする!?』というお話です。

ヒトは、生きてきた過程で様々なモノ・コト・ヒトなどから
たくさんのイロイロな学びや経験を得ています。

自ら進んで学びに行った『知識』や『スキル』。。。

望む望まないで体感し経験したモノやコト。。。

自分が体験してはいないが見聞きする事で、
得た様々なモノやコト。。。

それこそ、様々な状況や状態から、
意識的であれ無意識であれ、
イロイロと吸収しています。

それら吸収したモノやコト、
『経験』や『知識』等をベースにして
『セルフイメージ』は構築されています。

もちろん、他者や周りに対しての
『イメージ』や『捉え方』なども出来ています。

自分自身の思いや想いに対する対応や処理
それによってどう反応するのかも決めています。

どんな環境や状況、状態であっても、
最終的な決断をしているのは
『自分自身』です。

「周りに強制された」

「支配されている」

「脅されているから」

などなど、

自らではどうにもならないという場面で在っても、
厳しい様に感じるかもしれませんが、
自分で判断と選択と決定をしています。

『何を以て何とする!?』

のか、、、

それは、自分が自分で決めているのです。

「~~~だから~~~」

「でも~~~だから」

「だって~~~」

「やっぱり~~~」

何かしらの自分の『落としどころ』を見つけて
『理由』や『理屈』にしています。

どうであれ、自分を『納得』させています。。。

『何を以て何とする!?』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ