なぜ自分次第というのか!?

羅針盤古代地図

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『居場所は自分が決めている』というお話でした。
今回は、『なぜ自分次第なのか!?』というお話です。

昔は航海や旅をする時、『地図』と『コンパス』を頼りに
自身で確かめながら調べながら進んでいました。

文明が発達した今は、『ナビゲーションシステム』で、
目的地まで誘導してもらいます。

それでも、自らが『目的地』を示さない限り、
『ナビ』は作動しません。

勝手に思考や心を探って、希望の『目的地』へと
誘ってくれる『システム』はまだ出来ていません。

仮にそんな『システム』が出来て、
様々なトコロに活用されたなら、
ヒトは周りとのコミュニケーションを
きっとしようと思わなくなると思います。

自分自身が考えるコトも、思い悩む必要も、
自ら率先して動く必要も無くなるからです。。。

すべてはその『システム』に委ねて、
自堕落な生活になるのではないでしょうか!?

『地図』や『コンパス』、『ナビ』や『情報』などは、
あくまでも自らが進む為の『補助』です。

それらの『ツール』を使いこなすのは、
あくまでも『自分自身』です。

勝手に動くようになっては、
ターミネーターやマトリックスの世界に
なってしまいます。

機械に支配された世の中。。。

あなたは、そんな世の中に生きたいですか?

『なぜ自分次第というのか!?』

それは、自らの『人生』は
自らの『人生』だからです。

誰の『人生』でもありません。

あなたの『人生』はあなたの『人生』です。

自身が生きているこの世界という地図を広げ
どこに向かうのか、どこに立ち寄るのか、
どう進むのか、どこで休むのか。。。

全てを判断し選択し決定をしていくのは
『自分自身』です。

その際に、色々な『システム』や『ツール』、
『情報』や『スキル』等を使いこなすのも、
『自分次第』です。

決して、勝手には動いてはくれません。

自らが自らの責任において使うからこそ、
『それら』は健全に動いてくれます。

『自分自身』とか『自分次第』というのは、
『自分だけで』とか『自分ひとりで』という
コトではありません。

周りのモノ・コト・ヒトを健全に頼り、使う事も
とても大切です。

『なぜ自分次第というのか!?』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ