自分で在るというコト

自分らしく生きる

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『価値を交換するという事』というお話でした。
今回は、『自分で在るというコト』というお話です。

『自分』という存在は、『自分』以外どこにも存在しません。

ものすごく当たり前と言えば当たり前の話です。

しかし、、、

そんな『自分自身』が分からないと思っているヒトや、
『自分』の事がキライなヒトや、
『自己犠牲』や『依存』によって、
自らを見失っているヒトも居ます。

中には、『自分探し』をする為に、
方々へと出かけているヒトも居ます。

これらが、別に悪いと言っている訳ではありません。。。

自分自身が自分で、その状他を分かっているのであれば、
それは一時的な『止まり木』であり、『停留所』になります。

やがて、時が来れば、
自分の中にエネルギーが充電されれば、
自らのチカラで、自らの足で立ち上がり
進んでいく事が出来ます。

そうなれずに、その場所、そのヒト、そのモノコトに、
『依存』し『執着』しているのなら、
そこにはすでに『自分自身』は存在していません。

『自分で在るというコト』

それは、自らの意思で、自らの思いや想いで、
自らの足で立ち、どうであれ進んでいる事です。

さらに極端に書けば、
もがき苦しんでいても、痛みや辛さに耐えていても、
現状があまりにも理不尽で不当な扱いであっても、
自らを偽らず、自らを誤魔化す事無く、
自らが自らを理解し向き合い聴き感じて、
自らを励まし包み込み、癒し休む時に休み、
耐え忍んでいる事や我慢しているのだという事を
しっかりと感じ観てあげるコトです。

『自分で在るというコト』

どんな環境や状況、状態で在っても、
「自分が自分として生きる」
その信念を持っている事です。

その『信念』は誰にも許可をもらう必要もなければ、
誰かにとやかく言われるモノでもありません。

自らが自らで決意している!

ただ、それだけです。

意識して観てくださいね。

間違えてはいけないのが、『頑固』になり、
他者の思いや想いを無視して『融通が利かない』
というコトになる事ではありません。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ