自由で在る為には

Lock

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『愛を得るには愛を知る』というお話でした。
今回は、『自由で在る為には』というお話です。

生きていれば、自分の思い通りに行かないコトや、
ハプニング、アクシデント、失敗、などなど、
色々なモノコトが起きます。

モノコトだけでなく、ヒトにも裏切られたり、
期待していたのと違ったり。。。

何もかもが嫌になり、投げ出したくなる時や、
怒りや憤り、悲しみやさみしさ、不安や不満、
様々な思いや想いに苛まれるかもしれません。。。

人生の中で、これほど最悪なモノコトは無い!と、
思いたくなるかもしれません。。。

全てを投げ出して、自分の殻に閉じこもりたくなるし、
全部の責任を感じて、よりがんじがらめにもなります。

ものすごいプレッシャーに押しつぶされそうにもなるし、
もう明日がやってこない様な絶望感にも襲われるかも
しれません。。。

何をやっても、何をしても、
全然うまく行かない様な気にしかなれなかったり、
もう誰も助けてはくれないと感じたり、
どこかに閉じ込められてしまったかのようにも
感じているかもしれません。

そんな状態や状況に追い込まれずに、

『自由で在る為には』

一旦、全てのモノコトヒトを手放してみましょう!

手放すというイメージがしにくいなら、
背負っている荷物を降ろして置いてみる感じで
イメージしてみましょう!

背負ってしまっていては、
次々に乗っかってくるモノコトヒトが、
どんなので、どういう状態なのかが分かりません。

重くなった荷物を抱えたままでは、
フットワークも悪くなります。

一旦、全て降ろして、
背負っているモノコトヒトの確認をしましょう!

もしかすると、自分で加算していたり、
余計な負荷を与えているかもしれません。

自らが自らで、手枷足枷をしていたり、
重りを増やしているかもしれません。

『自由で在る為には』

『事実』だけを受け止め、
『事実』だけで対応し処理していく事です。

『主観』が時に邪魔をしています。

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ