愛を得るには愛を知る

日差し

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『根拠は要らない』というお話でした。
今回は、『愛を得るには愛を知る』というお話です。

「愛されたい!」

こう思っているヒトはたくさん居ると思います。

「愛したい!」

こう思っているヒトもたくさん居ると思います。

「愛が欲しい!」とか「愛を得たい!」とか、
「愛に包まれたい!」と欲しているヒトも、
多いかと思います。

ただし、ほとんどの場合が、
『愛』を他者から与えられたいと
思っているのではないでしょうか!?

さらには、自分にとって、
とてもわかりやすい状態であれば、
なおさらいいのではないでしょうか?。。。

自分に対して、どれだけの思いや想いがあり、
自分に対して、どれだけのモノコトをしてくれるのか!

自分に対して、どう考えどう接しているのか!

自分にとって、全てが分かる事が出来て、
言う事を聴いてもらえて、
全てを無条件で受け入れてもらえる。。。

何事も自分を最優先にしてもらえて、
何よりも自分を選択してくれる。。。

理想を挙げれば、キリが無いと思います。

そんな『愛』の持ち主が、
自分の前に現れる事を、
待ち望んでいるヒトも居るかもしれません。

ただ。。。

この状態では、
ただただ『欲している』だけです。

自らが『与える』という状態に在りません。

『愛』は『与える』コトが基本です。

『愛』は『欲する』モノではありません。

『愛』は『受け取り流す』モノです。

『愛』は全てが『循環』です。

『愛を得るには愛を知る』

まずは、自分自身が自分自身に、
『与え受け取り』ましょう。

自身の中に『循環』を創りましょう!

『欲している』状態は、
自分の中が『枯渇』している状態です。

『枯渇』させているのは、
他者でも周りでも環境でも状況でも
状態でもありません。

『枯渇』させているのは、『自分自身』です。

『愛を得るには愛を知る』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ