答えを欲するのをやめる

磁石

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『起こるモノコトには意味がない』という
お話でした。
今回は、『答えを欲するのをやめる』というお話です。

ヒトは、何らかの悩みや分からない事がある時、
周りに相談したり、自分で思い悩んだり、
考えたりします。

何かしらの解決法や、納得のいく状態を
探します。

ヒトによっては、自身が信頼しているヒトに
相談する場合もあります。

ヒトは、心身共に足場の悪い不安定な状態に
在る事をとても嫌います。

どうであれ、何かしらの『着地点』や
どうであれ、何かしらの『足場』を欲しがります。

『どうであれ』とは表現してはいますが、
自分にとって居心地の悪いトコロは、
ほとんどの場合は選びません。

少なくとも妥協が出来るであろう状態を
選びます。

いわゆる『損得』によって決めています。

つまりは、周りに相談をするにしても、
聞きに行くにしても、
自分で思い考えるにしても、
自分が納得できるであろう『答え』を
くれる相手や、自分なりに落としどころを
見つけています。

何かしらの納得できる『答え』ばかりを
欲していては、自分の状況や状態は、
一切変わりません。

一見、変化したように見えるだけで、
何にも根本は変わっていません。

本当に現状からの変化を求めているなら、

『答えを欲するのをやめる』

事が最優先に意識してみましょう。

周りにも、自分にも、セミナーや本にも、
ネットやメディアにしても、
どこにも『答え』はありません。

『答え』が在るのは自分の中だけです。

ただし、その『答え』が全て正しい訳でも
無いのだという事も気づいてください。

結局は、『答え』を欲している状態に居るヒトは、
現状の自分が納得できる様な『答え』を
欲しているだけの場合がほとんどだからです。

慰めだったり、同情だったり、承認だたっり。。。

正当性だったり、同意だったり。。。

決して、『NO』と言われる様な事は要りません。

『答えを欲するのをやめる』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ