起こるモノコトに意味はない

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『時に思考は邪魔になる』というお話でした。
今回は、『起こるモノコトに意味はない』というお話です。

ヒトは、自身が受け取った『刺激』によって、
判断し選択し決定して動いています。

意識的であれ、無意識であれ、
なんらかの判断と選択と決定をしているから動けます。

何にもしていない時にでも、
何かしらの『刺激』を『五感』から受け取っています。

身体は動いてはいないかもしれませんが、
内部では、体温調整や心拍数、血流などなど、
常に『生命維持』のために動き続けています。

思考や感覚も、もちろん動き続けています。

だからこそ、瞬間的に動く事も出来るし、
対応や対処も出来るのです。。。

無意識による反応は、自身の生きてきた経験や
記憶によって構成されています。

過去に在った類似した経験や、
周りから聞いたことがある記憶や情報を元に、
『刺激』に対する判断や選択や決定をしています。

自身が起こしているモノコトは、
それらの判断や選択や決定によって起きています。

自分に起きるモノコトに意味が在る様に
感じているヒトは多いとは思いますが、

『起こるモノコトに意味はない』

という事を意識するといいかもしれません。

『起こったモノコト』は、自分自身が起こしています。

周りに巻き込まれたとか、偶然居合わせたとか、
意図していないのに起こったという事も
無い訳ではありません。

が、しかし、、、

それらにしても、『刺激』に対して判断し選択し
決定を繰り返し積み重なった事で起きています。

『起こるモノコト』自体に意味が在るのではなく、
自分がそういう風に判断し選択し決定して、
起こしてきたという事に意味が在るのです。

『起こるモノコトに意味はない』

起こす事に起こしている事に意味が在ります。

あなたは、それら起こしている事や起こす事に
どんな『意味付け』をしていますか?

それらをする事で、何を得る事が出来たり、
どんな状況や状態になるのですか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ