向けているモノ受け取っているコト

一方通行

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!(^▽^)/

前回は、『自分は自分だというコト』というお話でした。
今回は、『向けているモノ受け取っているコト』という
お話です。

以前にも書きましたが、自身が発しているモノコトは
基本、すべて『一方通行』です。

「こう返して欲しい」と思っていても、
相手が返す気が無ければ返って来ません。

たとえ返って来たとしても、
自身が欲している通りの返信があるとは
限りません。。。

もしかすると、まるっきりお門違いの
返答だったりもします。。。

色々な思いや想いが在ったとしても、
様々な思惑や期待が在ったとしても、
すべてが叶う訳ではありません。

自分自身が周りに対して、

『向けているモノ受け取っているコト』

を知らなければ、いつまで経っても、
『一方通行』は『相互関係』には
発展しません。

自分が周りに何を発しているのか?

自分が周りから何を受け取っているのか?

その時に自分がどんなスタンスで居るのか?

向けるにしても受け取るにしても、
自分がどう解釈しているのか?

『真実』として受け取っているのか?

それともかなりな『主観』が入っているのか?

発するにしても同じです。

向けているのも『自分自身』

受け取っているのも『自分自身』

どう感じ考え思うかも『自分自身』

どう放ち発しているのかも『自分自身』

真実だけでなく主観が入るのも『自分自身』

それによって感情が出ているのも、
思考が働いているのも『自分自身』  です。。。

『向けているモノ受け取っているコト』

自分は何に反応して、何に意識が向くのか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ