初動を意識する

芽出し

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『当たるとか当たらないとか』というお話でした。
今回は、『初動を意識する』というお話です。

ヒトは、自分の中に色々な『タネ』を蒔いています。

意図的であれ、無意識であれ、
心の土壌に色々な『タネ』を蒔いています。

その『タネ』達は、
自身にとって良い影響をくれるモノも在れば、
良くない影響をくれるモノも在ります。

自身が癒される様な『タネ』もあれば、
自身が不快になる『タネ』もあります。

自身が納得できる『タネ』もあれば、
自身が疑心になる『タネ』もあります。

油断していると、
あっという間にはびこってしまうのが、
『不安のタネ』と『疑心のタネ』と
『恐怖のタネ』と『嫌悪のタネ』です。

これらの『タネ』は、自身が油断をしていると
あっという間に発芽して花を付け実に成り、
新たな『タネ』を撒き散らします。

繁殖力も絶大で、完全に取り除くのが
放って置いた分だけ難しくなります。

それらの『タネ』を増やさないのはもちろん、
土壌に蒔かないようにするには

『初動を意識する』

事が大切です。

最初の意識や思考、感覚や感情、
思いや想いなどが、
どこに向かい、どこを拾い、どこをとらえるのか。

それらを『観察』し『検証』し『修正』していく事で、
『パターン』を抜け出せます。

最初の一歩を意識する事で、
次の展開が変わります。

それは言葉でも表せます。

『責める』と『褒める』。

違うのは、最初の一文字です。

『せ』ではなく『ほ』にする事を意識するだけで、
『褒める』になります。

『許せない』と『許さない』も、
『せ』と『さ』の一文字です。

『初動を意識する』

意識して変えてみてくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ