自分として生きる

芽出し

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『必要な事は必要な時に』というお話でした。
今回は、『自分として生きる』というお話です。

植物は、タネがこぼれ落ちて、発動条件が揃い、
根を出し発芽した場所が、生涯を過ごす所になります。

植物は自ら移動する事は出来ません。

タネの時に、場所が選べるわけでもありません。

色々な条件が揃った時が、『生きる環境』になります。

その環境の中で、様々な状況や状態を体験しながら、
自らの成長を調整し、周りに対応しながら生きています。

自身の中に在る『遺伝子情報』や『データ』を
フルに活用し、時には応用を効かせて変容もします。

過去の『常識』や『方法』、『理論』や『理屈』をも、
時には完全に無視する場合もあります。

自らが生き抜けるのであれば、
周りのモノ・コトも利用し、環境や状況も
味方にします。

『生き抜く』というコトに関しては
とても『ハングリー』で『サバイバー』です。

だからと言って、『孤立無援』な訳ではありません。

自身が周りの恩恵やサポートを与えてもらっている事や
周りから与えられるモノ・コトが無いと生きていけない事も
もちろん知っています。

知っているからこそ、何も見えない土中に向かって
根を伸ばして行けるのです。

空に向かって、芽を出し枝葉を伸ばせるのです。

これらは、全て『人間』にも当てはまります。

ヒトは独りで生きている訳ではありません。

ヒトリで生まれてきた訳でもありません。

どんな環境や状況の中に居ても、
自身の状態がどんな状態で在ったとしても、
絶対的に忘れてはいけないのが、

『自分として生きる』

という事です。

『自分らしく』ではなく、『自分として』です。

『らしく』は、周りに対しての言葉です。

『として』は、自らが決めている言葉です。

どう根を張り、枝葉を伸ばしていくのか!

どんな花を咲かせて、実を付けるのか!

大きさもカタチも色も、
何もかもが『自分次第』です。

『自分として生きる』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ