『ジシン』に根拠は要らない

ヒーローjpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『魂を動かす』というお話でした。
今回は、『『ジシン』に根拠は要らない』というお話です。

ヒトの中には、『自分自身』に対して、
あまりにも低い設定をしていたり、
卑下しまくっていたり、
まるで犯罪者か罪人の様な扱いをしているヒトが居ます。

子供の頃は、ヒーロー映画やテレビ、漫画を見た時、
観終わる頃には、自分自身が主役の『ヒーロー』に
成った様な気持ちになっています。

自分も空を飛べたり、もの凄い力持ちにでも
成った様に感じます。

言葉使いや態度、動きなども真似をして、
父親や母親に、『戦いごっこ』を真剣に、
挑んで来たりします。

完全に『その気』になっているので、
パンチやキックも『全力』です。

当たり所が悪いと、とても痛い場合もあります。

そんな『ヒーロー気分』になるのに、
『理由』は要りません。

『理屈』も『説明』も要りません。

何の根拠も無いし、『自信』もありません。

ただただ、『自身』が思いこむだけです。

『『ジシン』に根拠は要らない』

『自信』を持つ!と、よく言われますが、
『自信』を持つには、『自身』と向き合うことが、
最優先です。

『自分自身』と向き合い、
『自分自身』と話し合い、
『自分自身』を観て感じ聴く事が必要です。

『自分』が『自分』で在る事に、
『理由』も『理屈』も『説明』も『根拠』も、
必要ありません。

産まれてから死ぬまで『自分』は『自分』です。

『自身』にも『自信』にも、根拠は要りません!

『『ジシン』に根拠は要らない』

意識して観てくださいね!

よろしくお願いします(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ