ダメな自分は居ない

ヒーローjpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『繰り返してしまう事』というお話でした。
今回は、『ダメな自分は居ない』というお話です。

子供の頃に言われたヒトも居るかもしれません。。。

「ヒトに迷惑を掛けてはいけません!」

「ヒトを助けられるヒトになりなさい!」

「ヒトに頼られる様になりなさい!」

「ヒトの役に立ちないさい!」

などなど、
いわゆる【いいヒト】と言われる様な
そんな存在になる様にと、
親御さんに思われ望まれたかもしれません。。。

そうなる様にと、しつけられたり、
怒られたかもしれません。。。

中には、強烈に
自身の思いや想いを無視され、
親の言うとおりにしないと、
心身へのダメージを受けたヒトも
居るかもしれません。。。

従わない事、それ自体が【罪】の様に、、、

そんな状況や状態の中、
自分自身を護り保つためには、
周りの為の【自分】になるか、
または、周りの期待に応えられない
そんな【ダメな自分】になるという方法です。

期待に応え続ける事は、
子供の時の自分には、
とてもエネルギーが居る行為です。

なので、、、

子供の時の自分が取る行為は、
【ダメな自分】で居る事です。

親の期待に応えられない自分、、、

何をやっても出来ない自分、、、

迷惑ばかりをかける自分、、、

成績も悪く態度も悪い自分、、、

そんな自分で居続ける事で、
それ以上に苦しくも悲しくも、
惨めにもならなくて済む状態で
居られます。

使う言葉は、、、

「ごめんなさい!」。。。

全ては、
本来の【自分自身】を護るための
行為です。。。

『ダメな自分は居ない』

【ダメな自分】という『レッテル』を
自分で貼り付け、思い込み、
決めつけているだけです。

自身を護る為に、
自身を保つために、
そう願い、そう望み、そう思い、
し続けて来ているだけです。

『ダメな自分は居ない』

あなたは、
自身を【ダメ】だと思ってはいませんか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “ダメな自分は居ない”

  1. 通り雨 より:

    ダメだと思い込んでた自分が
    いままで 守ってくれてたんだから

    ダメ扱いするなよなあ

    むしろ 感謝だよう

    それで、
    ダメな自分に 依存するのは
    よそうではないかああ~

    この わたし。

    • うえる より:

      そうですね。
      そんな自分に依存している事に
      なりますね。
      護ってくれている事に
      感謝ですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ