伝えるという事の重要性

手つなぎ

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自らでバランスを保つ』というお話でした。
今回は、『伝えるという事の重要性』というお話です。

あなたには【大切】にしたいモノコトヒトは、
在りますか?。。。

その【大切】にしたいという事を、
それらに伝えてありますか?

『わかってくれている』
『信じてくれている』
『言わなくても大丈夫』
『言わなくても伝わる』

などなど、、、

【当たり前】や【当然】と、
自分自身の勝手な思い込みや決めつけ、
自身の【概念】や【規準】などなど、、、

対象では無く、
自分勝手で自分本位な思いや想いに
なっていたりします。。。

ヒトは、意識的にも無意識にも、
ついつい【押し付け】や【驕り】が
出て来てしまいます。。。

「あなたのために」
「あなたの事を思って」
「私がやらないと」。。。

よく、聞く言葉として、
「あなたが喜んでくれる事が
私の喜びなの」というのがあります。。。

確かにそうなのかもしれません。。。

確かに本当に相手も
喜んでくれているかもしれません。。。

ただ、、、
この言葉には、
自身の【エゴ】が入っていたりします。。。

それは、、、

【喜んでくれる事】の部分です。

喜んでくれる事が自分の喜び、、、

だとするのなら、
自分のした事が相手に
喜んでもらえなかったとしたら、、、

あなたも喜べないのでしょうか。。。

『伝えるという事の重要性』

あなたがもし、
「あなたが喜んでくれる事が
私の喜びなの」という様な事を、
色々なトコロで発信していたならば、
「私がしてあげる事で喜んでね」と、
周りに対して言っている事と、
同じになってしまう可能性が在る事も
認識しておきましょう。

何かを【伝える】というのは、
とても難しい事です。

伝え方次第で、簡単に壊れたり、
ややこしくしてしまう事もあります。。。

かと言って、
【伝える】コト自体を恐れていたのでは、
何も伝わらない事での誤解も生じます。

『伝えるという事の重要性』

今一度、自身が発している言葉や態度、
表現や表情を観察し検証してみましょう。

よろしくお願いします!

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

4 Responses to “伝えるという事の重要性”

  1. 通り雨 より:

    大切にしたい モノコトヒト…

    わたしの場合は
    自分自身です。

    今のところは。

    エゴを抜きに
    自分自身に自分への想いを伝えたいです。

    ちなみに大切なことほど
    コトバで伝えるのが
    難しいから
    芸術ってあるんでしょうね。

    (^^)/

    • 通り雨 より:

      自分自身が
      「嬉しい」とか 「楽しい」と
      本当に感じたときは
      「わたしは 嬉しい(または楽しい)」と
      伝えようかと想ってます。

      • 通り雨 より:

        外的なモノコトヒトサマ
        をモチーフにせず
        (虎の威を借る狐 的になっちゃうから)

        自分の中で生まれた
        「喜び」、「愉しみ」や「トキメキ」などの想いを
        自分発で表現できたらと想います。

        • うえる より:

          通り雨さん、こんばんは。
          そうですね。
          自分の中を一番分かってあげられるのは、
          自分自身ですからね。
          まずは自分に発して、
          自分で受け取る事を意識するといいですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ