距離感を観る

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『何かに成ろうとする前に』というお話でした。
今回は、『距離感を観る』というお話です。

あなたが居て、誰かが居る。

誰かが居て、あなたが居る。

とても当たり前の事ですね。。。

あなたはあなたで、他者は他者です。

他者は他者で、あなたはあなたです。

これも、とても当たり前です。。。

『立ち位置』を考えて観ましょう。

あなたがそこに立って居たなら、
他者はそこには立てません。

他者がそこに立って居たなら、
あなたはそこに立てません。

どうしても立ちたいなら、
相手にそこからどいてもらうしか
あなたがそこに立つ事は出来ません。。。

これも、、、

とても当たり前の話ですね。。。

さて、、、

物理的な例えだと、
とても分かり易く当たり前の事なのに、
精神的な話になると、
途端に難しくなると感じるヒトが居ます。。。

自分の思いや想いと、
他の思いや想いに、
【差異】が在るのは当たり前です。

あなたはあなたなのだから、
あなたの思いや想いには気づけます。。。

でも、、、

あなたが他者の思いや想いに気づくには、
あなたがあなただけで
どれだけ頑張ったとしても、
「こうなのかな~」「こんな感じかな」
「きっとそうだ」「かもしれない」という様に、
所詮は推測や憶測にしか出来ません。

それでは、、、

あなたの【思い込み】や【きめつけ】、
【主観】や【イメージ】を自分勝手に、
他者に押し付けているのと同じです。。。

『距離感を観る』

自分と相手とは違うのだという事を、
まずは意識する事が大切です。

「分かってくれるだろう、、、」

「知っててくれるだろう、、、」

「気づいてくれるだろう、、、」

「当たり前」「常識」「ふつう」、、、

それらは、
あなたの【願望】であり、【欲】です。

『距離感を観る』

まずは、自分自身との【距離感】を
自らで観る事が必要です。

自分との【距離感】が出来ていないヒトは、
他者との【距離感】も観る事が出来ません。

意識して観てくださいね。

あなたは自分自身と距離を保ててますか?

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “距離感を観る”

  1. 通り雨 より:

    自分自身との距離感は
    いま やっと計測はじめたところかも
    しれません。

    計測開始でございます。

    目視で見守ってあげられる距離感
    目指します。

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      計測始めたところなのですね。
      目視出来る距離。
      いいですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ