【歪】イビツが露呈する

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『繰り返したくなる習慣』というお話でした。
今回は、『【歪】イビツが露呈する』というお話です。

誰もが自身の内に秘めている
【暴力性】や【残虐性】、、、
【支配欲求】や【独裁願望】、、、

誰もが一度くらいは思った事が
あるのではないでしょうか。。。

「大嫌い!居なくなればいいのに!」

「事故ればいい!」

「殺したい!」

「言うとおりして!」

「なんで聞いてくれないの!」

「あなたは私のモノ!」

「俺のオンナ!」

などなど、、、

大なり小なり、思った事があると思います。

【怒り】や【哀しみ】は、
感情の中の一部です。

いわゆる一般的な社会では、
これらを人前で出すのは、
あまりよろしくないとされています。。。

とくに日本人は譲り合う精神や、
思い遣り、気遣いといった文化もあり、
より人前で感情をさらけ出すという事を
好みません。。。

そうして、自身の奥へ奥へと、
【怒り】や【哀しみ】、【寂しさ】や【憤り】等が
抑え込まれています。。。

後に処理される訳でも無く、
後にフォローされる訳でも無く、
まるで無かったかの様に無視され、
閉じ込められています。

そこに在る者たちは、
誰からも気づかれず、
自分自身にも見放されている状態です。

始まりは純粋な【怒り】や【哀しみ】、
【寂しさ】や【憤り】でした、、、

目の前の事象や対象への
感情や思考でしかありませんでした、、、

それを感じてもらえず、
それどころか無かった事にされる。。。

溜りに溜まった【それら】は、
やがて【歪(イビツ)】な存在へと
姿を変えてしまいます。。。

今、すでに始まっている
社会全般での出来事、、、

『【歪】イビツが露呈する』

まさに象徴的なのが【不正】。。。

読んで字の如く、【歪】です。

マクロで起きている現象ですが、
個々というミクロでも起きています。

異常犯罪の多さも目立っています。。。

隠してあった【それら】が
多ければ多いほどに、
反動が大きく出てしまいます。

そんな状態に陥らない為には、
自分自身の中に在る【歪】を、
自らが向き合い観て感じて考える事。

それが必要です。

『【歪】イビツが露呈する』

隠そうとしても、塗り替えても、
誤魔化そうとしても、偽っても、
そうすればする程に、
溢れ出て来てしまいます。

【歪】は在っていいのです。

その存在を認めましょう。

あなたの【歪】は何ですか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “【歪】イビツが露呈する”

  1. 通り雨 より:

    歪 むき出しで生きてるぜぃ!!

    あたいに近づくと
    ケガするぜっ!!

    ( ̄ヘ ̄メ)

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      剥き出しですか(笑)
      それはケガしますね!
      自分自身もですけどね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ