否定は肯定を肯定は否定を生む

磁石

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『何事もバランスを観る所から!』という
お話でした。
今回は、『否定は肯定を肯定は否定を生む』という
お話です。

以前に聞かれた事があります。。。

「自身を肯定するにはどうすればいいのか?」と、、、

自分を否定的にしか見る事が出来ないので、
肯定的に見るにはどうすればいいのかという事でした。

私は、そのヒトに聴いてみました。

「なぜ、肯定しないといけないのですか?」と、、、

そうすると、、、

その方はこう言われました。

「肯定しないと認めてあげられないから」と、、、

否定的では、自身を批判ばかりしてしまい、
責めてばかりで一向に自分を認めるどころか、
さらに自身を否定的にしか見れなくなる。

という事でした。。。

さて、、、

ここまで聞いてきて、
あなたはどう感じますか?、、、

「はやく肯定する方法を教えてあげないと!」

「否定的な部分を無くさせないと」

「一刻も早く救ってあげないと」

などなど、その状態をどうにかして
あげたくなるかもしれません。。。

私のお伝えした事は、、、

「肯定しなくていいです」という事です。

【否定的】なのは、
【肯定】されたい自分が居るからです。

【否定的】なのは、
【承認】されたい自分が居るからです。

『否定は肯定を肯定は否定を生む』

自分自身を【否定的】にしているのは、
他から【肯定】や【承認】を得られなかった時、
自身のショックを大きくしない為だったりします。

最初に自身でダメージを与えておくことで、
他からのダメージを受けないで済みます。

実際に、
自分自身で自分の事を、
徹底的に【否定的】なのに、
他から【否定的】な事を指摘されたり、
言われたりすると、
すごく不機嫌になる方も居ます。

『否定は肯定を肯定は否定を生む』

【そのままの自分】を全て観る事に、
【否定】も【肯定】もありません。

そこにそんな自分が居る!

ただ、それだけです。

【是非】も要らないし、
【良し悪し】も要りません。

どちらかだけではなく、
相反する自身も出てくる。。。

そのどちらもが【自分自身】です。

【否定】しても【肯定】しても、
どちらも存在しています。

あなたは、自身をどう観ていますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

3 Responses to “否定は肯定を肯定は否定を生む”

  1. 通り雨 より:

    嫌いなモノコトヒトサマは嫌いなままでもよい

    許せないモノコトヒトサマも
    許せないままでよい

    ただそれだけのコトである。

    …でもいいんですよね?

    嫌いで許せないモノコトヒトサマがあったとしても
    前に進みたい。

    • 通り雨 より:

      「許す」がないと
      成長、ステップアップがないものなのか疑問になってきました。

      • うえる より:

        通り雨さん、こんばんは。
        通過点としては、
        それで構いません。
        が、、、
        「許す」では、
        条件付きになっています。
        まずは、色々な自分が在るからですが、
        その後があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ