自らでバランスを保つ

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『ステージが変わるという事』という
お話でした。
今回は、『自らでバランスを保つ』というお話です。

あなたは、【バランス】が保たれていますか?、、、

【ブレる】事無く、安定していますか?、、、

そう聴かれた時、すでに揺らいでしまう自分が
自分の中に感じられたのではないでしょうか?

ヒトは、ずっと安定的に居る事は、
なかなかに難しいと思います。

ヒトが造りし【社会】の中で生きて行くには、
自分だけでなく、周りとの関係性等の影響が
大なり小なり、自分にも他にも起きて来ます。

心静かに落ち着ける環境を整えたとしても、
その中にずっと居続ける事は出来ません。

外部からの刺激や影響、、、

何よりも自分自身からの刺激や影響が、
その空間を妨げます。。。

身体的な生理現象も然り、
思考や感覚からのアプローチも、
なんだかんだと沸き起こって来ます。。。

『自らでバランスを保つ』

その為には、まずは自分自身を
自分自身で【観察】する事が必要です。

何に反応し、何に刺激を受け、
何を思い、何を想うのか、、、

何をどう判断し、何をどう選択し、
何をどう決定するのか、、、

どんなモノコトヒトに魅かれ、
どんなモノコトヒトに抵抗を持つのか、、、

日々の何気ない時に、
自分は何を考え何を思い何をしているのか、、、

などなど、
【観察項目】はどれだけでも出て来ます。

その際に、
自分自身では【偏り】が生じたり、
つい見逃してしまったり、
自身の思い込みや決めつけ等で、
観えなくしてしまっている箇所に
気づいたりする為に、
信頼できる他者に協力してもらうのも
【バランス】を保つ効果になります。

『自らでバランスを保つ』

その感覚が出来てくると、
自身の中に
【自家発電装置】が出来て来ます。

それが発動すると、
他者からのエネルギー供給が
必要で無くなります。

他者との関係性は、
【依存】ではなく、【共存】になります。

お互いがお互いで発電し合っている。

そのエネルギーが合わさった時は、
『2倍』では無く、『2乗』に成ります。

『自らでバランスを保つ』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

3 Responses to “自らでバランスを保つ”

  1. 通り雨 より:

    バランスがとれてるヒトは
    ブレたとしても
    ブレることさえも
    想定内でいるような感じがします。

    最近は
    「お互いさま」というセリフや
    想いが増えてきたような気がします。

    共存的ライフスタイルへ
    近づいているかもしれません。

    • 通り雨 より:

      自分で自分自身に興味を持つってことですね
      (^^)/

      • うえる より:

        通り雨さん、こんばんは。
        ブレるのが当たり前です。^^
        それすらもバランスの内ですからね。
        共存的ライフスタイル。
        いいですね^^
        自分自身に興味を持つ事で、
        他者にも興味を示せます。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ