目標は凹む為に持つのではない!

ダウンロード

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『抗う自分も愛おしい』というお話でした。
今回は、『目標は凹む為に持つのではない!』
というお話です。

ヒトが前へと進んでいけるのは、
何かしらの【目的】や【目標】が在るからです。

行動を起こすのも、何かを表現したり、
何かを思考するのも、それらが在るからです。

何の目的も無く、目標も持たずに、
動いていたり止まっていると感じるなら、
それらが【目的】になっているのだと思います。

本当に【無思考】【無感情】【無感覚】になり、
【無関心】な状態で在れば、
その状態で在るというコトすら、
意識する事が出来ません。

そんな状態になっている!と、
気付けている時点で、
それらを【目的】にしていたのだと、
気付くことが必要です。

「動けない」「動かない」「しない」「したくない」

何らかの【目的】が在って、
その状態や状況、環境を自らが、
自らで造り出しています。

自己啓発やビジネススキルとしても、
【目標】を持つ事を提案されます。

1年後、3年後、5年後、10年後、、、

それぞれで自身がどう成っているか?

その【目標】を明確にする事で、
逆算して今出来るコトを明確にして、
それに向かって進んでいく!、、、

そうする事で迷いも軽減され、
余計な回り道もしなくなる。。。

そんな感じです。

がしかし、、、

それら掲げてしまった【目標】によって、
逆算し今するべき事が出来ないと、
自身を責めて凹ますヒトが居ます。

掲げた事が
【プレッシャー】と【ストレス】になり、
逆算によって【制限】と【制約】が出来、
囚われてしまい
身動きが出来なくなるヒトも居ます。。。

『目標は凹む為に持つのではない!』

【目標】や【目的】は進む為に持つモノです。

決して、自身にダメージを与える為に
持つのではありません。

【プレッシャー】や【ストレス】、
【制限】や【制約】は、
適度に在る位がいいのです。

まるっきり無い状態では、
その場でも構わないという事に
なってしまいますからね。

ただ、、、

【在り過ぎる】状態では、
進ませるのではなく、
むしろ後退すらさせかねない事に
なってしまいます。

『目標は凹む為に持つのではない!』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ