抗う自分も愛おしい

Lock

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『幸せになりたいのなら!』というお話でした。
今回は、『抗う自分も愛おしい』というお話です。

何かを始める時、何かをしている時、
色々な場面で出てくる【抗う自分】。。。

考えなくてもいいのに、、、
思わなくてもいいのに、、、

ついつい出てくる【不安】や【恐怖】、、、

次から次へと連想ゲームのごとく、
溢れ出る【マイナス】や【ネガティブ】、、、

目の前にこれでもか!と言わんばかりに、
立ちはだかる壁や柵や有刺鉄線。。。

それだけでは足らないとばかりに、
重り付きの手枷や足枷まで、
自身につけてしまうヒトも居ます。。。

「動きたいのに動けない」、、、

「続けたいのに続けられない」、、、

「やらなきゃなのにやる気になれない」、、、

心身ともに身動きが取れなくなる。。。

そんな【負の連鎖】に囚われてしまうヒトも
居るのではないでしょうか、、、

こんな状態にならないで済むのなら!

そう思うヒトも多いと思います。

中には、
そんな状態や状況に陥ってしまう自分を
責めて落ちこせるヒトも居ます。。。

「自分が悪いんだ」「自分のせいだ」
「自分なんて」「ダメな自分」、、、

そんなふうに、さらに自分を追い詰め、
ダメージを負わせます。。。

『抗う自分も愛おしい』

では、なぜそんなにも自身に対して
【抗う自分】が出てくるのでしょうか。。。

それは、、、

その時その時で違うと思いますが、
基本となる部分は、
『自分の為』なのだと思います。

なるべくうまく行くように、、、
出来るだけスムーズに進む様に、、、
必ず成功させるために、、、

これから起こるかもしれない、
【最悪】や【最低】なモノコトを、
考え付く限りに推測し
提案してくれているのです。

また、仮に【失敗】をしたとしても、
ショックを和らげる目的で、
日頃から自身を落としておく事を
しています。

なぜならば、、、

【こんな自分】で居る為にです。

『抗う自分も愛おしい』

全ては自分自身の為に、
これからも生きて行く為に、
これまでを生きてくるために、
自らで身に着けた【護身術】です。

「自分を護りたいんだね!」

そんな意識で【抗う自分】を
感じ観てみましょう。

なんだかとても有り難い存在に
感じると思います。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “抗う自分も愛おしい”

  1. 通り雨 より:

    「おおー 目からウロコ!自分が愛しすぎるぜぃ!」(゜〇゜;)

    有刺鉄線、 重りつき手枷足枷装着、
    鉄格子独房の通り雨より

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      そうなんですね^^
      ウロコ落ちましたか!
      愛おしい自分だと分かって頂けましたね。
      で、どうする?どうしたい?ですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ