受けとめる・受け取る・受け容れる

磁石

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『想いを向けるという事』というお話でした。
今回は、『受けとめる・受け取る・受け容れる』という
お話です。

ヒトは日々の生活の中で、
常に何らかの刺激を受けています。

自身が望むモノ、欲する求めるモノ、
ずっと思っていたり想っていたコト、
明確にイメージしているコト、
ずっと気にしていたり気に掛かっているコト、、、

色々なモノコトヒトが【原因】になって、
それらに関連するモノコトヒトに
【刺激】を受けています。

その【刺激】を、自分自身が

『受けとめる・受け取る・受け容れる』

のかは、本来であれば、
自分自身で判断し選択し決定する事が
可能です。

がしかし、、、

ほとんどの場合は、
それらに【翻弄】されていたり、
【囚われ】てハマったり、
【固執】してしまったりしています。

自身で、
なぜ、それらに【刺激】を受けるのかを
意識する事が出来ていれば、
その後の処理の仕方にも
変化が起こります。

【刺激】が在った時、
ほとんどの場合、
いきなり【受け入れる】や【受け容れる】を
しているヒトが多い様に感じます。

自身の中にいきなり取り込んでしまうので、
それが自分にとって
【劇物】だったり【毒物】だった場合、
自身に有害をもたらします。。。

そんな状態にならない為には、
まずは【受け止める】事が大切です。

【止める】事で、自身との間に
【境界】が在ります。

その状態で、
検証し判断し選択肢をつくります。

その【選択肢】を基にして、
今度は【受け取る】のか、
【受け取らない】を決めます。

【受け取る】を選択して、
始めて【受け容れる】になります。

また、、、

【受けとめる】にしても、
【止める】前に、
自身が【気に留める】モノコトヒトが
何なのかを検証し把握しておくと、
その時点で判断と選択が
出来るようになります。

『受けとめる・受け取る・受け容れる』

自分がどうしているのかを
意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ