短期と長期、どっちにする?

芽出し バランス

芽出し

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『経験値と体感力』というお話です。
今回は、『短期と長期、どっちにする?』という
お話です。

植物はいきなりタネを植えたからといって、
グングンと成長する訳ではありません。

ジャックと豆の木の様な育ち方をしたなら、
地球上は植物に占領されてしまいます(笑)

魚釣りも同じです。

釣針に餌を付けて、
海や川に投げ入れたからといって、
いきなり魚は釣れません。

どちらにしても、
短期ではなく、長期に構える必要があります。

気長に待ちながら、
そればかりを凝視しているのではなく、
まだか!まだか!とイライラするのではなく、
周りの景色を愉しんだり、
風を感じたり、空を仰いだり^^

その空間自体を存分に味わい愉しむ事で
気が付けば育ったいたり、釣れていたり。。。

あまりにも執着しているよりは、
ある意味、放置気味の方がよかったりもします。

反対に短期の方がいいモノもあります。

期日の決まっているモノコトヒトや、
処理をしないと進まないなどの場合も、
短期に集中する必要があります。

自身の中に出てきた思いや想いによっても、
短期でいいモノと、長期の方がいいモノと、
あります。

ずっと抱えているよりも、
切り替えた方がいい場合は、
短期処理をしてしまう方が進みます。

目標や進むべきモノコトがある場合は、
長期的に向き合っていかないといけません。

『短期と長期、どっちにする?』

何かを感じ想った時、
何かを考えたり、刺激を受けた時、
自分に上記の様に問いかけるといいと思います。

短期がいいと思ったなら、
処理が出来なくてもいいので、
いったん脇に置いてみましょう。

存在が在るのだという事は、
自覚し把握しておくだけでも、
そのモノコトは大人しくなります。

『短期と長期、どっちにする?』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました