こだわりを置く

images (3)

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『どんな繋がりを持っているか?』という
お話でした。
今回は、『こだわりを置く』というお話です。

何かを両手に持っていては、
バランスを崩した時に、
身体を支える事が出来ません。

手でバランスを取る事も、
何かにつかまる事も出来ません。

そのまま転倒し、
顔から倒れ込んだり、
膝から崩れ落ちたり、
どこかしこに強打したり、
擦り剥いたりで傷を負います。

軽傷で済む場合も在れば、
取り返しのつかない事にも
なりかねません。。。

それでも、
そうなったとしても、
抱え込んで居たい【何か】ならば、
自身が了解した上で
最後まで抱え込んでいれば
いいと思います。

がしかし、、、

それは、自身の【こだわり】なだけで、
他や周りには一切関係の無い事だと
いう事も自覚し把握しておく事が
何よりも大切です。

つまりは、、、

他や周りとの関係性がある場合は、
一旦その時だけでも、

『こだわりを置く』

という事が必要です。

何かしらの荷物を抱え込んだままに、
沢山の人だかりの中に入り、
派手にぶちまけながらコケたなら、
その場がどんな状態になるかは
想像しなくても分かると思います。

その荷物が液体のモノだったり、
凶悪なウイルスだったとしたなら、
とんでもない大災害を起こすのと
同じです。

自分自身だけがそんなスリルを
味わいたくて抱え込んでいるのなら、
外部に漏れない厳重な場所で
勝手にやりましょう^^

【こだわり】は捨てなくてもいいです。

持っていたいのは自分自身。

周りや他には一切関係ありません。

『こだわりを置く』

その感覚を覚えておくと、
コミュニケーションがラクになります。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

7 Responses to “こだわりを置く”

  1. 通り雨 より:

    外に対する波紋が面白いとか楽しいとかなにかよいものであれば「こだわり」を発信してもよいと思うけど、

    そうじゃない「こだわり」のときは、
    1度うえるさんに話してみて
    改めて考えてみようっ

    (*´-`)

  2. 通り雨 より:

    この記事でいう「こだわり」ってイコール「凝り固まり」のことですよね

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは^^

      イコール「凝り固まり」。。。

      どうでしょう~~(笑)

      発信するって愉しいですよね^^

      • 通り雨 より:

        悲劇のヒロイン発信はかつてしてました~
        これは愉しくなかったですっ(^^)/

        いま、
        他人さまに 発信したいことがあるような…でも
        単に独りよがりなような気がするから
        ひっそり胸の内におさめておきたいような…
        そんな感覚です。

        しばらくは
        自分自身への発信と受信を
        愉しみます。(^^)/

        • 通り雨 より:

          そんで発信とまではいかないが
          小さな小さな小さな よい波紋が生まれる
          小さな小さな小さな石を投げ続けていきたいってことをここに印す
          (^^)/

  3. 通り雨 より:

    by 承認欲求 (^^)/

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      承認欲求(笑)
      承りました^^

      印して置いてくださいませ!

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ