理由付けをする理由

images (3)

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『居場所が在るという事』という
お話でした。
今回は、『理由付けをする理由』というお話です。

ヒトは、日々の中で生活をしています。

日常の中では、
様々な出来事が起こり、
色々な思いや想いを感じ受け取り、
投げ掛けられ、押し付けられたりもします。。。

自分の思い通りや計画通りに、
モノ・コト・ヒトが、
スムーズに動いてくれる訳も無く、
自身のリズムやペースで、
日々を送れるコトも、
あまり無いかもしれません。。。

時に悩み、時に苦しみ、時に孤独を感じ、
何をしているのか!と、
途方にくれたり、虚しさに囚われる事も
在るかもしれません。

誰にも言えず、見せたくなく、
他や外では、
気丈に振る舞ったり、
無理やりにでも、
元気で笑顔な自分で居たり、、、

ものすごくキレイに、
『バランス』が取れた生活を
しているヒトは、
少数かもしれません。。。

見た目には、
イビツで危なっかしくて、
今にも崩れそうな状態で、
半ば強引に、無理やりに、
固めてまでも、
バランスを保っている
ヒトの方が格段に
多い様に感じます。

『理由付けをする理由』

それは、、、

現状の自分をどうにかして
保とうとする補助作業です。

倒れそうになっていれば、
【支え】を付けます。

自転車であれば、
補助輪です。

植物であれば、
支柱です。

【理由付け】は
自分自身を保つための、
『コーティング技術』です。

守る為に身に着ける
【鎧】や【防具】も同じです。

装備によっては、
自身を大きくたくましく、
見せる事も可能です。

【虚勢】や【見栄】、
【プライド】や【ステータス】も
自身の為の、
【理由付け】です。

『理由付けをする理由』

あなたは、自身に
どんな【理由付け】をしていますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

3 Responses to “理由付けをする理由”

  1. 通り雨 より:

    わたしの 理由付けは
    姿勢をなるべくまっすぐに保つことと、

    なるべく 笑っていたいってことと(smileではなくlaughでありたい。)

    (反射的にならないために)声を和らげてゆっくり話したいってことかな

    …でもこれは
    外に対する調和、媚びやハッタリのためではなく
    自分を奮い立たせたくて
    自分のためにしていることです。

    • うえる より:

      通り雨さん、こんばんは。
      なるほど、そうなんですね。
      自分の為にしている決め事であれば、
      そこを見失わない様に
      意識して参りましょう^^

      奮い立たせたくなる理由にも
      意識を向けてくださいね^^

      • 通り雨 より:

        奮い立たせるのは、
        なにかとネガティブだけど一方で
        限りある命を感じてるからです。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ