かみ合わせの悪いモノ・コト・ヒト

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『意識的に境界線を持つ』という
お話でした。
今回は、『かみ合わせの悪いモノ・コト・ヒト』という
お話です。

ヒトにはそれぞれの【リズム】や【ペース】が
あります。。。

自分の思い通りの【リズム】で、
自分の思い通りの【ペース】で、
様々な事象が起こっていれば、
なんのストレスも感じるコトはないのだと
思います。。。

「あ」と言えば「うん」という様に
多くを語らずとも、
共に繋がり合えているのであれば、
なんのストレスも感じるコトはないのだと
思います。。。

投げ掛けたモノやコト、、、
投げ掛けた相手、、、
どれにしても、
思う様に受け取り、
動いてくれたなら、
自分自身は、ただただ、
発信し表現していればいいという
状態です。

全てが自分の思い通りになります。。。

誰も自身に抵抗を感じさせません。。。

「あ」と言えば「うん」と必ず返って来ます。。。

どう扱ってもかみ合わせてくれます。。。

、、、

さあ、どうですか?

楽しい世界ですか?、、、

満足できますか?、、、

充実できるでしょうか?、、、

、、、

ヒトは【刺激】を欲しがります。。。

ヒトは【ラク】を欲しがります。。。

ヒトは【安定・安心】を欲します。。。

ヒトは【欲】を持っています。。。

ヒトは【損得】を持っています。。。

ヒトは【リスク】を欲します。。。

ヒトは、、、

『かみ合わせの悪いモノ・コト・ヒト』

それらが存在する事で、
自身を顧みる事が出来たり、、、
達成する喜びやチャレンジする事、
制覇する愉しみを得られます。。。

『抵抗』を持つ事で、
感情をフルに活用できます。。。

『反面教師』が在る事で、
自身の今後に活かせます。。。

『かみ合わせの悪いモノ・コト・ヒト』

それらが在る事で、
『パターン化』や『慣れ』、
いつも通りの視点や視野、思考、、、
それらを崩してもらえます。

それらの存在は、
とても『有り難く』、
とても『おかげ様』なのです。

執拗以上に固執する必要も
執着するコトもありません。

無理やりにでもかみ合わせるコトも
ありません。

ただただ、

『かみ合わせの悪いモノ・コト・ヒト』

なのだと、認識するだけです。

ジャッジもダメだしも要りません。

サラリとして参りましょう~~

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ