意識的に境界線を持つ

虹

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『無条件の愛を受け取る』という
お話でした。
今回は、『意識的に境界線を持つ』という
お話です。

地球上には、様々な国が在ります。

国と国の【境】には、『国境』があります。

国の中には、県や町、市や村があり、
個人所有地があります。

そのすべてに【境界線】が在ります。

戦争やイザコザが起きる原因にも
【境界線】にまつわるモノコトが
多くあります。。。

本来は、誰もが、
ヒトだけではなく、
あらゆるモノもコトも、
地球に存在するモノ達です。

そこには本来、
【境界線】など存在していません。

自然界の動植物達の中にも、
【ナワバリ】は在ります。

しかし、、、

【ナワバリ】は決して
固定化されてはいません。

ヒトでも、放牧民族は、
移動しながらの生活をしています。

【境界線】よりは【ナワバリ】の要素が
そこには在ります。

守るべきモノやコトやヒトが在る時、
ヒトはそれらを守らなくてはいけません。

それでも、そんな時に
意識しておくべきコトは、
他にもそれらが在るのだという事です。

決して、自分だけが
そんな状態なのだと思うのではなく、
他も色々な思いや想いが在り、
様々な状況や状態に在るのだと
気付ける自分で居る事が必要です。

自身の【境界線】だけを
固定化していては、
『争い』や『侵略』や『侵犯』に
なってしまいます。

そんな状態にならない為にも、
あえて

『意識的に境界線を持つ』

という事をしてみるといいと思います。

【境界】を意識する事で、
相手では無く、
自身が他の【領域】を犯している事に
気付ける様になります。

どこまで行くと、どうなのか。。。

どうすると、どうなのか。。。

今、自分がどんな状態なのか。。。

それらを『客観視』出来る様になります。

今の世は、他との『境界線』が
【曖昧】になり過ぎています。

自身と他との【あいだ】がありません。。。

『意識的に境界線を持つ』

ことで、【間】が創れます。

【ヒト】ではなく、
【人間】に戻りましょう!

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “意識的に境界線を持つ”

  1. 通り雨 より:

    >今の世は、他との『境界線』が
    【曖昧】になり過ぎています。

    モバイルでの
    インターネットによるSNSの普及で(ラインなんてまさに!)で
    いつでもどこでも他と繋がることができるのも一因ですよね

    すごく、個人主義を唱える人が増えてきてるようなのに
    他者との境界が曖昧という矛盾…(-.-)

    わたしも、他者、または自分自身の境界線に戸惑い、迷う者の一人です。

    • うえる より:

      そうですね。
      いつでもどこでも簡単につながれる時代です。
      そこに深さは要りません。。。
      そして情報も氾濫しています。
      考えなくても知識は得られます。。。
      何よりも【境界線】が出来ていないのは、
      自分自身とだったりします。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ