当たり前は無い!

虹

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自身に問うクセを付ける』というお話でした。
今回は、『当たり前は無い!』というお話です。

私達は、地球に存在しています。

まるっきり意識する事無く、出来ているモノ・コトは
たくさんあります。

自分が意識しなくても、用意されているモノ・コトも
たくさんあります。

自分達が完全に知らなくても、使えるモノ・コトも
たくさんあります。

他にもいろいろと、意識にしなくても、
どうにかなっているモノ・コトはあると思います。

あまりにも身近であったり、
あまりにも大きかったり、
あまりにも日々の中で繰り返されていると、
それらのモノ・コトは、
『当たり前』にされてしまいます。

してもらえるのが『当たり前』

在る・有るのが『当たり前』

思ってもらえているのが『当たり前』

準備されている、、、配慮されている、、、

フォローしてくれる、、、かばってくれる、、、

などなど、

書き出したらキリが無いほどに、
『当たり前』になってしまっている
モノ・コトが在ります。

それらの部分が、無くなったりすると
感じたり思う事すら無いのだと思います。

どうしたって、何をしていても、
『当たり前』は無くならないと
決め込んでいます。

『当たり前』が大前提になってしまうと、
横暴になったり、横柄になったり、
自惚れたり、傲慢になったり、
我が儘になったり、自分本位になります。

自分が自分を意識して、
自分自身を観る為には、

『当たり前は無い!』

という事を、いつも意識しておくことが、
大切です。

失ってしまってからでは遅すぎます。

自ら放棄したり、壊してしまっては
もう元には戻せません。

仮に、元の様に戻せたとしても、
本当の意味での『元』には戻れません。

『当たり前は無い!』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ