迷うのはイイコトです。

自分らしく生きる

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『変化を嫌うヒトビト』というお話でした。
今回は、『迷うのはイイコトです。』というお話です。

小さい時に、どっちを選ぶかで迷った事はありませんか?

ずっと、迷っていると、両親から大人から、
「早くしなさい!」と、怒られたりキレられた事はありますか?

その時、、、

なぜ、迷っていたと思いますか?。。。

きっと、その時は
どちらも得たいと思っていたからだと思います。

「あっちもいいけど、こっちもいい、、、」

「どっちかだけなんて選べない、、、」

そんな思いでグルグルしていたのでは
ないでしょうか?。。。

あまりに長く迷っていた事で、
どっちも得られなかったという記憶のヒトも
居ると思います。

大人がしびれを切らしてしまい、
「選べないのなら、要らないのね!」と、
半ギレ状態で手を引っ張られて、
その場から強制退去を命じられる。。。

そんな悲しい記憶ではないでしょうか。。。

そんな記憶があまりにもショックになっていると、
『迷うコト』がイケナイ事だと思っています。

なので、いつしか自分で決める事をやめて、
周りに合わせたり、周りの言うコトを聞いたりします。

自身を偽り、誤魔化し、抑え込んで、
周りに合わせたり、染まります。。。

周りの事を最優先で観るクセが付き、
何の思いも想いも無い様に振る舞います。。。

『迷う』と周りに対して、『迷惑』をかけると
信じきっています。。。

『迷惑』は、「迷い惑わすコト」です。

自身が他に対してする行為です。

自身が『迷う』コトではありません。

もちろん!

迷い過ぎて、他の時間を使いすぎるのは
『迷惑』ですが、、、

『迷うのはイイコトです。』

『迷う』のは、『吟味』しているからです。

『迷う』のは、『検証』しているからです。

『迷う』のは、
どちらにも『魅力』を持っているからです。

他者に影響を与えないのであれば、
大いに迷ってみましょう!

とことん、迷った時、、、

自身の中の『答え』が観えて来ます。

自身の中の『パターン』が観えて来ます。

自身の中の『趣味・嗜好』が観えて来ます。

自身の中の『傾向』が観えて来ます。。。

『迷うのはイイコトです。』

一度でもいいので、徹底的にやってみましょう!

よろしくお願いしますね!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ