目先に囚われない

壁

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『大いなる流れの中に在る』というお話でした。
今回は、『目先に囚われない』というお話です。

今年もあとわずかになりました。

年末に向けて『師走』と言われるだけに、
バタバタとしているヒトが多いと思います。

仕事にしても、プライベートにしても、
関係性や状況、状態に置いても、
何かしら、しないといけない事や、
押し迫っているモノコトなどなど、
色々な思いや想いも重なって、
より目の前のモノコトに囚われているかもしれません。

目先のモノコトばかりに囚われていると、
まるで目の前に『壁』が立ちはだかったかのように
『威圧感』と『恐怖』に阻まれたように感じます。

たしかに、しないといけないモノコトが在るのは
間違いないと思います。

しかし、、、

気持ちが『プレッシャー』に押しつぶされていては、
『焦り』と『恐怖』と『不安』によって、
自分の思考も力も、充分に発揮できません。

気持ちばかりが先行してしまい、
より焦りや不安を募らせます。。。

目の前の『壁』は、
より厚く、より高く、より重くなってしまいます。。。

そんな状態に陥らない為には、
今やるべき事を明確に把握して、
優先順位を設けて、

『目先に囚われない』

事が重要です。

「しないといけない!」と漠然と思っていては、
しないといけない様々なモノコトに、
順番が付けれません。

自分の身はヒトツです。

一気に複数のモノコトを手掛けれはしません。

エネルギッシュでパワフルなヒトであれば、
多少の複数なモノコトをするのは、
可能だとは思います。。。

それでも、一気に手がけれるのは、
ヒトツづつの行程です。

その時にも必要なのが『優先順位』です。

それらのモノコトが、
それぞれにいつまでに、
どうなっている事が必要なのか。。。

それらを見据えて観ましょう!

『目先に囚われない』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ