自分の偏りに気づく

設定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『今、やるべき事に集中する』というお話でした。
今回は、『自分の偏りに気づく』というお話です。

ヒトは育ってきた環境や状況、
自分や周りの状態などから、
色々な思いや想い、思考や感覚、
感情や刺激を受けて、
様々な『知識』や『経験』、
『学び』や『教訓』などをもらっています。

自身の中には、たくさんの『記憶』や『データ』、
『情報』が詰まっています。

単なる学んだだけで経験にはなってはいない『知識』から
実体験や体感した事のある『知恵』まで、
まるで本を何冊も積み重ねてあるように入っています。

本に例えると分かるのですが、
自分が読んでいる本や手に取る本には、
何らかの『偏り』があると思います。

自分の『嗜好』や『趣味』など、
『お気に入り』になる傾向があると思います。

反対に、この系統は読まないし、
読みたくもないと感じるモノもあると思います。

自分の中だけで『毛嫌い』したり、
避けるのは、
別にかまいませんが、
周りにまで影響を与えてはいけません。

何らかのモノ・コト・ヒト等で、
『ズレ』が生じて、
話し合いが出来なかったり、
伝わらないし伝わってこないのであれば、
双方ともに、

『自分の偏りに気づく』

事が一番最初にする事かもしれません。

どちらか一方が『正義』をかざせば、
もう片方も『正義』をかざすしかなくなります。

双方ともに、「相手が!相手が!」としか
言わなくなります。

それでは、一向に『溝』は埋まりません。

ヒトは誰でも、
少なからず『偏見』を持っています。

何が善くて、何が悪いとは、
なかなか判断しづらいのも事実です。

まずは

『自分の偏りに気づく』

事から始めて、他者もまた『偏り』が在るのだと
認め向き合う事が大切だと思います。

ヒトは『正当化』をしたがります。

ヒトは『間違っていない』を主張します。

ヒトは『驕り』や『自惚れ』にハマりやすいです。

あなたは、どんな『偏り』を持っていますか?

『趣味』や『嗜好』も『偏り』です。

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ