まだ大丈夫!のワナ

渇き

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『何を受け取っている?』というお話でした。
今回は、『まだ大丈夫!のワナ』というお話です。

ヒトは、毎日毎日、
チカラを振り絞り、出し切りながら生きているヒトも
多いと思います。

期日が決まっていたり、、、

しないといけない事が山積みだったり、、、

次から次へとやらないといけないが出てきたり。。。

息つく暇もないかもしれません。

環境や状況、状態が、
ずっと、そんな調子のトコロに居ると、
ヒトはその状態に慣れていきます。

『慣れる』という事は、
そのヒトの中での『判断基準』も
それによって上がってしまうという事です。

そうなると、以前の『いっぱいいっぱい』よりも、
もっと自身に『負荷』が掛かっている状態が
『当たり前』に変わってしまうという事です。

ヒトは『極限状態』が続くと、
自ら、その状態を回避する為に、
その場に『順応』する事や、
『適応策』を探ります。

苦しく、ツライ・痛いは続けたくないので、
身体はそれらに鈍くなろうとします。

それでも無理な時は、反対の意味合いへと
書き換えたりもします。。。

『キライ』であれば『スキ』に、、、

『ツライ・痛い』であれば『気持ちいい』に、、、

そうする事で、その環境や状況に
慣れた自分を造ります。

そうなれば、多少の無理もガマンも
苦痛さえも、
「まだ大丈夫!」になります。

思考や思い込みによって、
意識的には「大丈夫!」だと感じていても、
心身は『悲鳴』を上げています。

『うるおい』や『ゆとり』、
『余裕』や『遊び』が無くなり、
心身ともに『枯渇』した状態になります。

『まだ大丈夫!のワナ』

それは『慣れ』や『順応』、
『パターン化』などによって、
『麻痺』している状態です。

「まだ大丈夫!」と思ったり、発したりする事で、
自分自身に『暗示』をかけています。

その『暗示』によって、さらに「大丈夫」の
ハードルが上がります。

もう身体も精神もボロボロになっていても、
意識は「まだ大丈夫!」だと思い込み、
動き続けようとします。。。

『まだ大丈夫!のワナ』

意識して観てくださいね!

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ