満たすも満たさないも自分次第

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『全てはよき流れの中に在る』というお話でした。
今回は、『満たすも満たさないも自分次第』というお話です。

コップに水を満たすには、
コップに水を入れればいいですよね。

どこかに置いたままでは、コップに水は入りません。。。

屋外に置いておけば、
雨が降った時には満たされるとは思いますが。。。

それでもコップを屋外に運び出すという作業が必要です。

勝手に天気予報を確認し屋外へと出て行くコップは
ありませんよね(笑)

そんな機能がついているのであれば、
自ら、蛇口をひねって水を満たすでしょう^^

コップに水を満たすには、
自分自身がコップを持ち、蛇口をひねるなり、
雨水をためるなり、隣の家に貰いに行くなり、
何らかのアクションを起こす必要があります。

『他力』を使いたいのであれば、
具体的に他者に届くほどの大きな声で
周りに頼まないといけません。

「もっと!もっと!」

「足りない!足りない!」

「なんで入れてくれないの!」

など、『不平不満』を発していても、

「はやくしろ!」

「おそい!」

「まだか!」

と、威圧的に命令していても、

誰も協力はしてくれません。

『満たすも満たさないも自分次第』

自分でどうにかするにしても、
他者を頼り、助けてもらうにしても、
自分自身が『満たしたい』という
思いや想いを明確にしていなければ、
一向に満たされる事はありません。

ただただ、欲していても、
もっと!もっと!と欲深くなっていても、
永遠に満たされる事はありません。

『足るを知る』

どうなれば満たされた事になるのか!を、
今一度、自分自身に問う事が大切です。

自身が求めているモノ・コト・ヒト。。。

自分が望むモノ・コト・ヒト。。。

自らが得たいモノ・コト・ヒト。。。

などなど、見直してみましょう!

あなたは、何が『足りない』になっていますか?

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ