固執をしていると目的を見失う

壁

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『自分が期待しているのだと気づく』という
お話でした。
今回は、『固執をしていると目的を見失う』というお話です。

ヒトにはそれぞれに、『こだわり』や『ジンクス』、
『決め事』や『ルール』があります。

それらは、自分自身に向けているヒトも居れば、
周りにまで求め欲してしまうヒトも居ます。

自分自身の中では、
それらは『間違っていない事』なので、
自信たっぷりだったり、
『正当化』する事に意識を向けます。

『正当化』をする為に、あらゆる手も尽くすし、
対象に対して『攻撃的』にも『優位的』にもなります。

それらの行動は、自分自身への『防衛反応』であり、
周りへは『攻撃』になります。

『絶対』や『間違いない』ばかりに囚われて、
本来の『目的』や『主旨』から外れてしまいます。

自身の『正当化』の立証をする事に
時間とエネルギーを掛けてしまいます。。。

『固執をしていると目的を見失う』

『固執』をしている状態は、
自分自身を護る為に、
『個室』に立て籠もって
『籠城』している状態と同じです。

立て籠もってしまうので、
外の状態や状況を冷静には観れなくなります。

そうなると、自身の『憶測』や『思い込み』、
『決めつけ』などによって、
さらに『恐怖』や『不安』を増幅させます。

そんな状態になっていては、
一切、外部の思いや想いは届きません。。。

当の本人が冷静になり、
気持ちにも思考にも、
『余裕』が出ない事には、
何も始まりません。。。

『固執』は、『思惑』や『思い込み』を
極端に偏らせてしまいます。

あまりに強烈な状態では、
『本来の目的』自体を忘れてしまう場合もあります。

自分にとって、
都合のいい正当化された『思い込み』が、
『事実』ではない『主観』が主体のモノコトヒトに
変わります。

『固執していると目的を見失う』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ