動く事と同じくらいに休む

ヒーローjpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『答えを欲するのをやめる』というお話でした。
今回は、『動く事と同じくらいに休む』というお話です。

ヒトは、『無敵のヒーロー』ではありません。

無限の体力と不屈の精神力がある訳でもありません。

体力の限界も来るし、精神的に参る時だってあります。

時として、悩み苦しむ事から逃れられずに、
囚われてさ迷い続けるコトだってあります。。。

たくさんの泣き言や弱音、
大声で叫びたくなるほどの怒りや憤り。。。

溢れ出す涙や悲しみ、さみしさにだって、
襲われます。。。

たくさんの責務や役割、立場や関係性。。。

色々なストレスだって抱えていたりします。。。

焦りも在れば、不安や恐怖だって持っています。

だからこそ、一生懸命に動き、精一杯に考え、
時にがむしゃらにだってなったりします。

そんな時は、『動いていない自分』や、
『休んでいる自分』の事が罪の様に感じてしまい、
止まったら終わるのではないか!とさえ感じている
ヒトも居ます。。。

そんな風に思ってしまうのも、
取り組んでいるモノコトが、
自身にとって何よりも大切で大事なモノ
だからかもしれません。

ずっと叶えたかった夢や想いや思いが在ったり、
自分自身が動けなくなってしまっては、
そのモノコト自体が動かなくなってしまうからかも
しれません。

だからこそ、
最も意識しておかなければいけないのが、

『動く事と同じくらいに休む』

という事です。

『気合い』が入っていたり、
『責任』を持っている時などは、
自身の中に在る『底力』が発揮されています。

あらゆるモノコトすべてを背負っている様にも
感じています。

そんな状態の時は、休む事がイケナイ事に感じたり、
リズムを狂わしてしまう様にも感じます。

しかし、、、

ヒトは『無敵のヒーロー』ではありません!

身体は疲労するし、精神力も疲弊します。

そんな状態では、見誤ったり、ミスしたり、、、

逆にリズムが崩れます。

いつでも『絶好調』で動きたいのであれば、

『動く事と同じくらいに休む』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ